忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

慶應ニューヨーク学院についての情報がネット上で少ないと感じ、本ブログを立ち上げました。間違った情報を是正し、美辞麗句なしの内容を心掛けています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近聞いた慶應ニューヨーク学院の近況




こんにちは、ブラウンです。

久々の更新になりますが、継続してブログを読んでいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りて、お礼申し上げます。

久々にニューヨークの友人から慶應ニューヨーク学院の近況を聞けたので、ご紹介します。あくまで伝え聞いた内容ですので、鵜呑みにしないようにだけご注意ください。


情報その1
インフルエンザが大流行、校内はパンデミック状態と揶揄されている!

約400名の生徒の内、50人程がインフルエンザに感染。9割の生徒が寮に住んでいるため学校はインフルエンザの生徒を隔離することを決めたそうです。


なんとビックリ、その対応は、

「インフルエンザの生徒を体育館に隔離すること」

現在、体育館には50程の別途が用意され生徒達がそこに隔離されているそうです。


現在、ちょうど試験期間と重なっているため、職員の皆様はてんやわんやの大騒ぎ。当然、職員にもインフルエンザ感染者もいるため、この状態を「パンデミック」と呼ぶ、生徒も職員もいるとのことです。


うーん、笑えない。




情報その2
学校改革?部活動の取り扱いが大きく縮小、スポーツ系の部活関係者が激怒中!?

あくまで噂話ではありますが、新学院長の評判が一部の生徒、父兄、職員から悪いそうです。歴代の学院長に良し悪しは当然ありましたが、今回は学院長が進めている改革に対する評判がすこぶる悪いとのことです。

学院長サイドの趣旨を聞いたわけではないので、あくまで不満を持つ方からの声だけを聞いたところ、「多くの運動系の部活動が廃部になる流れ、又は縮小の流れが進んでいる」そうです。

廃部対象に挙げられている部活は多く、1シーズンに男女1スポーツのみの規模にまで減らす予定で、それぞれの規模も今までは varsity, junior varsity, freshman, の3チームがあった部活体制をvarsityのみにするという声などが届いています。

部活に参加できる生徒が減る上に、顧問やコーチを担当していた教師も大変失望しており、中には学校に対して怒りの声を上げる方もいるとかいないとか?


私的感想
上記の内容はあくまで学校運営側が進めている大きな改革のために行っていることだと考えられます。これまで慶應ニューヨーク学院が抱えていた問題を解決するため(例:学校外との交流が乏しく、日本人村のような環境になってしまっていた問題など)、そしてバイリンガル・バイカルチュラルな人間を輩出することを達成するために必要なことをリストアップした結果として、今回のようなことが行われたのだと思われます。

学院長も当然、学院を良くしたいと考えているはずです。大きな改革には意見の相違や、間違った行動も伴うものです。これまでも多くの問題に対峙しては解決してきた慶應ニューヨーク学院が、この度の改革でどのように生まれ変わるのかに注目しています。


やや重い内容の記事になりましたが学生の皆様試験頑張ってね (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!





にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR
PR
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%A0%A1%E9%A2%A8%E3%83%BB%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%96%87%E5%8C%96/%E6%9C%80%E8%BF%91%E8%81%9E%E3%81%84%E3%81%9F%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%AD%A6%E9%99%A2%E3%81%AE%E8%BF%91%E6%B3%81" /> -->