忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

慶應ニューヨーク学院についての情報がネット上で少ないと感じ、本ブログを立ち上げました。間違った情報を是正し、美辞麗句なしの内容を心掛けています。

NY校のデメリット その3 同世代のアメリカ人と交流がない



久々の慶應ニューヨーク学院のデメリットシリーズ第三弾となります。


今回紹介するデメリットは、


同世代のアメリカ人との交流がない


という問題点になります。



これって、すごく根本的で重要な問題にもかかわらず、あまりフォーカスされていない点だと私は考えています。実はこの問題は慶應ニューヨーク学院に在籍している生徒だけの問題ではなく、現地校のハイスクールに通う日本人に当てはまります。慶応ニューヨーク学院に通っていなくても同世代のアメリカ人の友達がほとんどいない日本人も意外と多いです。現地校に通っていたとしても同世代のアメリカ人と仲良くなれる日本人と、なれない日本人とで割れるのです。

多くの場合、ハイスクールの生徒達は人種別で固まることが多いので、部活などで一緒になるか、昔から友達でもない限り、ハイスクールから深い友人関係を築くのは難しいです。しかも、もし英語が苦手だとESL関連の履修科目が多くなるので、南米、欧州、アジアからの生徒達とは、仲良くなる機会が増えますが、ネイティブの子達とはそもそも同じ教室で授業を受ける機会が少ないので、ますます交流する時間が少なくなります。

アメリカ人と同じ現地校に通っている日本人でも上記のような状況なのに、ほぼ100%日本人に囲まれた環境に身を置く慶應ニューヨーク学院の生徒達は、同世代のアメリカ人と3年間でどれだけ交流できるものなのでしょうか?

私自身の記憶を振り返って、同世代のアメリカ人と交流した経験を思い出してみたところ、

・スポーツの試合で対戦した、その後カフェテリアで一緒に食事した
・ボランティア活動で学外で一緒に募金活動に参加した
・文科系の部活で、アメリカ人の生徒が見学に来た
・文化祭のお客様として学校にアメリカ人が来た
・委員会の活動で他校を見学した
・模擬国連に参加した際に他校のアメリカ人と挨拶した


10分ほど考えましたが、以上になります。

全部合わせても、3年間で20日間位の交流経験でしょうか?
比較的、多くの部活動や委員会に参加していた私でも、この程度の交流頻度なのです。
これで、どれだけバイカルチュラルに近づけるのか、ちょっと疑わしくなりませんか?

一応、NY学院の方でも対策として、地元住民との交流イベントを開催したり、交流イベント用の新しい建物を建築(建築中?)したらしいですが、私は効果は限定的だと考えています。なぜなら、交流イベントを年3回増やしたとしても、結局3年間で9日しか交流日が増えない計算だからです。日常的に文化を学べる環境が根本解決には必要だと私は考えます。







同世代のアメリカ人と交流できないと、どんなデメリットがあるかについても考えてみました。

例えば
・同世代が夢中になっている、音楽、テレビ番組、YouTuber等をまったく知らない
・同世代がどれだけスマートフォンに依存しているかが分からない
・同世代が卒業後の進路や、恋愛関連の悩みについて、どんなことを考えているかが分からない。
・同世代のアメリカ人が放課後、どんなことをして遊んでいるのかが分からない
・同世代のアメリカ人の自宅での顔が分からない(学校での顔しか知らない)
・アメリカの学校では、男子はアメフト部、女子はチアリーディング部がスクールカーストでトップと良く言われるが、実際はどうなのかが分からない
・アメリカ人にとっての「ホームカミング」「プロム」といった行事がどんな位置づけなのかが分からない







この他、いくらでも思いつきますが、概ね文化的な面で遅れをとっている印象を持ちました。尚、私は「ホームカミング」の行事の存在を高校卒業後に初めて知りました。これでバイカルチュラル教育が充実していると言っていいのか、疑問が残ります。



PROM



すごく失礼な話、日本国内の隔離された空間に、アメリカ人の教員を集めれば慶應ニューヨーク学院に似たような学校が作れるという暴論も展開できるかもしれません。

なぜなら、バイカルチュラルという価値観がアメリカに校舎があるにも関わらず、十分に提供できていないのだとしたら、「その程度のバイカルチュラル教育でよければ、日本国内で真似して作れます」という考えが成り立つ可能性があるからです。

真似できないものは「慶應義塾」という冠になりますが、それを言ってしまうと「慶應の冠しか独自性がありません」と解釈されかねないので、危険です。

慶應義塾の卒業生として、母校が「バイカルチュラル教育」が十分に提供できていない現状を悲しく感じます。創立してから20年以上も経過しているのだから、箱ものに頼らない対策をお願いします。


ではでは
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR
PR
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%20%E3%81%9D%E3%81%AE3%E3%80%80%E5%90%8C%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84" /> -->

NY校のデメリット その2 アメリカ文化はそれほど身に付かない(後編)




前編
からの続きとなります。

NY校のデメリット その2 アメリカ文化はそれほど身に付かない(前編)」をまだお読みでない場合は、先にそちらから読まれることをお勧めいたします。



さて、前回の記事ではニューヨーク校でのアメリカ文化を学習する環境が弱く、教育理念であるバイカルチュラルの体現には程遠いことを指摘させていただきました。


前回の記事に補足を致しますと、日本語が得意で英語が苦手な生徒(俗にニューヨーク校内で日本語派と呼ばれる生徒)は、バイリンガル・バイカルチュラルになるには多くのハードルがあると思いますが、その逆の英語が得意で、日本語が苦手な生徒(英語派の生徒)にとっては、バイリンガル・バイカルチュラルになり易い環境だと、私は考えています。



英語派の生徒は、英語が出来て、さらにアメリカ文化に精通しているので、日本語中心の寮生活を3年4年過ごせば、日本語は上達するでしょうし、日本の文化にも詳しくなります。慶應義塾大学に進学した場合は追加で4年を日本で過ごすので、文化への理解はさらに深まります。



計7年以上をこういった環境で研鑽を積めば、日本語と英語に長け、両方の文化に精通した人物になれるように感じませんか?



話を戻します。



前回の記事で散々、ニューヨーク校のシステムについて悪く言ってしまいましたが、実はバイリンガル・バイカルチュラルな人材を生むための環境はすでに整っているとも考えています。



私なりにたどり着いた結論は、
学ぶ気のある生徒ならば、今の環境でも十分に「バイリンガル・バイカルチュラル」になれる、というものです。



慶應ニューヨーク学院のカリュキュラムを全力で学ぶ + カリュキュラムではカバーできないような、アメリカ文化との接点を自分から積極的に作る活動をすれば、バイリンガル・バイカルチュラルな人間になれます。



ニューヨーク校のカリュキュラムについては、概ね良くできていると私は思っています。ニューヨーク校の卒業要件の一つに、TOEFLスコアが一定水準以上であることが求められますが、ほぼ全ての生徒が在学中に基準をクリアしています。なので、英語力は成長する環境はあるのです。




足りないのは、学校の外のアメリカ人との交流だけなんです。





これに関する問題意識は学校側にもあるようですし、対策もしてくれている様子は見えます。しかし、それを学校側が提供してくれるまで生徒と保護者はただ待っていることが正解だとは私は思いません。



その機会がないのであれば、自分から作れるように行動するべきではないでしょうか。



やり方は簡単です。
先生に相談に行けばいいのです。


例えば、
「現地校の授業風景を見学したいのですが、どうすれば実現できますか?」とか
「どうすれば他校のバスケの練習に体験参加できますか?」みたいな相談です。


理由をちゃんと添えて、相談に行けば、先生方は真剣に耳を傾けてくれます。私の経験上、面倒くさい対応をされる先生はいませんでした。相談内容もアカデミックなものなので、前向きに相談に乗ってくれると思いますよ。実現できるかは保証はできませんが、実現可能だとは思います。


学校側から提供されたものだけをやっていても、バイリンガル・バイカルチュラルは身に付きません。学校は機会と環境を提供するので、あとは生徒次第ということを入学前から理解しておくと効率よく学習できるでしょう。



最後にオフィシャルに公表されている、慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)の使命をご紹介いたします。



==以下引用==

慶應義塾ニューヨーク学院(高等部)は、慶應義塾大学ならびに世界をリードする大学に優秀な学生を送り出すために設立された。本学院の使命と目的は以下の通りである。
1. 生徒各人が個人として自己を確立するのを促し、社会に貢献できる一員となるよう人格形成を行う。
2. 多様な文化に関する知識を体得し、グローバル社会に備える機会を提供する。
3. 1858年創立以来の慶應義塾の優れた伝統である「気品の泉源」ならびに「独立自尊」の精神
を涵養(かんよう)する。

==引用ここまで==



バイリンガル・バイカルチュラルという単語は使命には含まれていません。ニューヨーク校の使命は2の言う通り「機会を提供する」ことです。ニューヨーク校はすでに使命を果たしています。結局は学ぶ生徒しだいということなんですね。




ではでは (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%20%E3%81%9D%E3%81%AE2%E5%BE%8C%E7%B7%A8" /> -->

NY校のデメリット その2 アメリカ文化はそれほど身に付かない(前編)




慶應ニューヨーク学院は、バイリンガル・バイカルチュラルな人材を育成することを教育理念とする学校です。



バイリンガル、バイカルチュラルという言葉が学院内ではスローガンのように頻繁に使われますが、個人的な意見として、その教育理念を達成するためのカリュキュラムは残念ながら、まだまだ理想からほど遠いと考えています。
大きな問題として、日本から派遣されてきた教師陣が、そもそもバイリンガルでもバイカルチュラルでもないので、アメリカ文化を教えることが満足に出来ていません。



実際、赴任される教師陣も「自分にバイリンガル・バイカルチュラルを教えられるのだろうか?」と悩まれることが多いとも聞いたことがあります。



過去にあった例として、慶應ニューヨーク校の文化祭で、「Club Mary Jane(クラブメリージェーン)」という飲食店?の出し物がありました。なんだかお洒落そうな店名ではありますが、





Mary Jane とは大麻の隠語です。






文化祭の出し物については、学校が不適切な内容がないかをチェックしているはずです。しかし、そのチェック機能は、アメリカで使われる隠語まではカバーすることが出来ないことを皮肉にも証明してしまったのです orz



すーと昔からですが、
多くの生徒は、「バイリンガル・バイカルチュラルって言うけど、アメリカと日本の悪い言葉や文化ばかりが、バイカルチュラルだよね」と学校を皮肉る発言をしたことがあります。



文化祭の事件を受けて、学校の非常勤の先生までが「バイカルチュラルってアメリカと日本の悪い文化のことなのか」と授業中に皮肉っていたのが、私は今でも強烈に覚えています。先生がこういった発言をされると、学校の事務所トーク(職員室トーク)でも、似たような会話がされているのではないかと、邪推してしまいます。



アメリカの文化、日本の文化に触れるようなイベントはありますが、それは学問というよりも自由参加なレクリエーションのような存在に感じました。シアターデーのような、全員参加のものもあるにはありますが、基本英語が分からないと、劇場で寝て終わりです。



部活(スポーツ)もアメリカ人のアスリートの気持ちを知る機会はないし、美術部の活動で、アメリカ人の作品の作り手と交流するような活動はなかったです。



学校がアメリカにあることで、景観や移動手段、顧問やコーチがアメリカ仕様ではあるので、そこから学べることはたしかにありますが、現地の同じ年代の、同じような目標を持っている人と交流するようなアクティビティーは、少なすぎます。






私が言いたいのは、アメリカの隠語まで授業で教えろと言っている訳ではありませんし、全教師をバイリンガル・バイカルチュラル仕様にしろと言っている訳でもありません。



私が言いたいのは、バイリンガル・バイカルチュラルをスローガンにしながら、実態・実績が追い付いていないように見えてならないということです。





しかし、安心してください!





これは、私が在籍していた当時の話です。まだ学校の歴史が浅く、カリュキュラムがまだ成熟していなかったのが原因だったのかもしれません。私が卒業して10年以上が経過しているんですから、さずがに学校も進化しているはずです。

実際に学校は対策として、英語教育と文化交流の対策として、8億円程の予算を投じて、Student Center(仮称) というものを建造しているらしいです。Student Center(仮称) は文化交流イベント、現地校との交流、その他の活動のスペースとして活用されるのです!!!








、、、、、、、、、、








私はこの話を知って、思ったことは2つ。

1つは、
なるほど、バイリンガル・バイカルチュラルの教育理念を実現させるために、今のままではダメだという問題意識はちゃんと持っていたんだな。感心、感心。

もう1つは、
具体的な交流内容などについて、情報が十分にリリースされていない。ハコ物を建設することで、教育理念が実現できると思っているような、おめでたい頭の人がいるのではないか?


です。



生徒数が減り、空き教室があるはずなのに、新しい建物を作ることがどれだけ文化交流に寄与するのかが分からないです。足りないのは、建物ではなく、より良いシステムであるように感じてなりません。

それとも、立派な Student Center を建設することで、入学希望者を増やすことが本当の目的なのではと考えてしまいました。



ここまで、学校の組織体制や仕組が教育理念に追い付いていないことを、散々書いてしまいましたが、私は慶應ニューヨーク学院が好きです。


不思議なことに、在学中は学校の悪口を色々と言うのですが、卒業後3年、5年、10年と経過すると「なんだかんだで、良い学校だったよね」と仲間内で話すことが増えます。


このブログを始めたのも、ネット上のニューヨーク校の、ありもしないようなエピソードを好き勝手に書かれている現状を是正することが目的となります。良い点・悪い点どちらも書くことで、信憑性を高めることを意識して、記事を書かせていただいています。


そのため、もしこのブログを読んでいる関係者様がいらっしゃいましたら、教育理念の実現のために、何かの貢献になれば幸いです。逆に妨げになるようでしたら、それをバネにしてより良い学校作りをお願いいたします。



NY校のデメリット その2 アメリカ文化はそれほど身に付かない(前編)』は以上です。



今回の記事は長くなりましたので、前編・後編で分けています。私は慶應ニューヨーク学院の教育理念は体現可能だと強く信じています。後編では、慶應ニューヨーク学院で、バイリンガル・バイカルチュラルになる方法について記事にする予定です。



マタネッ(*^-゚)/~Bye♪






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%20%E3%81%9D%E3%81%AE2" /> -->

NY校のデメリットシリーズ その1 料理のスキルは身につかない




親元を離れて、学校と寮で様々な経験を積むことで、多くの稀有な人材を輩出してきた慶應ニューヨーク学院ではありますが、その特殊な環境が逆にデメリットになることもあります。



記念すべき第一回目のテーマは『料理』



NY校のほとんどの生徒は寮で生活をしています。
部屋は基本2人1組で1つの部屋を共有しますが、キッチンや水道はないです。



家庭科の授業もないため、鍋や包丁を扱うことは原則ありません。そのため、料理のスキルは身につかない環境であることが分かります。

※2017年4月26日加筆※
公式ページを調べたところ、現在は家庭科の授業があるらしいです。授業内容は裁縫・調理実習などとのことです。



頭を振り絞って、料理をした経験を思い出そうとしたところ、2点だけありました。



1つは、
バレンタインデーに女の子で集まって、寮の先生の部屋のキッチンを借りて、手作りチョコレートを作ることがありました。



もう一つは、
釣り部で、釣ってきた魚をBBQしたことがありましたが、BBQって料理に入るのかは、ちょい疑問ですね。



電子レンジや湯沸かしポットで、レトルト食品を食べることはありますが、これも料理には入りません。



というか、生活圏内にスーパーマーケットがないし、部屋には冷蔵庫もないので、料理をするための準備段階にすらたどり着けません。(※冷蔵庫は個人で購入すれば、部屋に置けます)



こんな風に書くと、NY校では家庭的なスキルは身につかない印象を持たれるかもしれませんが、そんなことはありません。料理以外の面では、すごく家庭的なスキルが身に付きます。



例えば、洗濯物は自分でやるし、アイロン掛けも自分でやります(しない人も多いですが)。部屋の掃除はもちろんのこと、年度末には寮を出るための引越し作業(または夏休み中に荷物を業者に預ける作業)を行います。



家庭的なスキルから少し外れますが、
TOEFLやSAT(アメリカのセンター試験的のもの)などの受験手続は生徒が行います。何より自分の勉強スケジュールは自己責任なので、怠け者は単位不足で退学になることだってあります。



私の時代だと、学年120人の内、年1から4人が留年し、留年経験者の2割程はその後に退学しています。退学理由が単位不足の場合、日ごろの勉強(自己管理)を疎かにした結果だと言えます。



話がそれましたが、料理のスキルは身に付きにくい環境ではありあますが、決して自堕落な甘えん坊が育つような環境ではありませんので、ご安心ください。



このブログを読んでいる生徒の保護者の皆様、子どもが帰省した際に一緒にお料理でもしてみるのはいかがでしょうか?



ではでは (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/20170413" /> -->