忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

慶應ニューヨーク学院についての情報がネット上で少ないと感じ、本ブログを立ち上げました。間違った情報を是正し、美辞麗句なしの内容を心掛けています。

生徒の学力検証シリーズ その2 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(後編)



前回の記事の続きです。

前回記事を未読の方は、
生徒の学力検証シリーズ1 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(前編)を参照ください。


さて、基礎学力(主に語学力)に長けているか否かで、必要な勉強時間に大きな差が生じることについて触れてきましたが、これに対してどのような対策が有効なのでしょうか?


結論から申し上げると、「周りの力を最大限に活用する」ことです。先生、友人、先輩、外部教師といった要素を有効に活かすことが重要になります。


本日の記事では、それぞれの活用例を紹介いたします。

先生を120%活用する

もし授業に付いていけなくなったと感じたら、その日の内に先生に相談に行ってください。そして正直に言うのです、「今日の授業のOOの部分がどうしても分からなくて、授業に付いて行けませんでした、お手数ですが放課後に改めて教えてもらえませんか?」と。

十中八九、断る先生はいません。

放課後に補習を受けても理解が追い付かないならば、「家で復習したいので問題集か何かありませんか?」と質問すればいいでしょう。

それを提出する際に、さらに質問することもできます。意外と試験に出る問題に近い例題を出されることが多いのでかなりお薦めです。



複数の科目で、こういった対策をしていると職員室での評判も間違いなく上がります。なんだかんだで、真面目な生徒は先生から信用されますので、困った際にはより親身に協力的になってくれます。

さらに付け加えるなら、同級生からの評価も上がると私は考えています。生徒はお互いの成績がどの程度かは大体把握していますので、勉強が苦手で困っている生徒も分かります。そんな生徒が自分の意志で、先生に補習を志願する姿を笑う人は少なく、尊敬する人は多いでしょう。


友人・先輩を頼る

慶應ニューヨーク学院の大きな特徴の1つは、大部分の生徒が寮で共同生活をしていることです。つまり夜の時間帯だろうが、頭の良い同級生に勉強で分からない点を相談に行けるのです。

別に特別仲が良くなくても、「どうしても分からないから教えて」とお願いをすれば、教えてくれる同級生は多いので、遠慮なく聞いちゃいましょう!


間違っても、一人で全ての勉強をやろうとしないでください。
時間がいくらあっても足りませんし、体力がもちません。


一匹狼のような気質の方は、学校の授業よりも先に「要領」というものを学んだ方がいいかもしれません。

慶應義塾にはこんな名言(迷言?)があります。
『塾校生は要領で生きている』

慶應義塾大学に進学するとよくわかりますが、内部生(特に塾校出身者)は非常に効率よく勉強や試験対策をしているのが分かります。詳しい説明は省きますが、人脈を使うことに非常に長けていて、必要に応じて誰に相談を持ち掛けるべきかを熟知している印象を持ちます。結果、試験の過去問題集やノートを効率良く手に入れたりします。こういった能力は就職活動や、社会人になってからも発揮されます。

なので、慶応ニューヨークでも、変なプライドや恥ずかしさを理由に、誰かに相談することを躊躇しないでください。

幸いなことに、現在は苦手な科目に対して、先輩が家庭教師のようなサポートをしてくれる制度がありますので、これを利用するのもいいかもしれませんね。


外部教師を利用する

どうしても成績が上がらない場合は、外部から家庭教師(tutor) を雇うという選択肢があります。利用する生徒は少ないですが、どうしても自発的に勉強できない生徒に対しては有効な手段です。

PA(Parents Association)に相談すれば、実績のある家庭教師を紹介できる人もいるでしょうので、探してみるのもいいかもしれません。


======


以上、3つの成績向上対策を紹介しましたが、当然どれも「勉強する必要」があります。やる気・行動力がないと、勉強を自分からはできません。結局は留年という「危機感」が動機になって、やっと勉強し始める生徒が、成績が悪い生徒には多いです。

こういった生徒が行きつくマインドは「留年さえしなければ、成績はなんだっていい」です。これって悲しいですよね。。。

そんな子供に育ってほしい両親はいないでしょうし、親としては子供を自慢したいものですが、少なくとも成績面ではそれは叶いません、、、親も人間ですので「何をやっているんだ内の子は、、、、」と内心感じていたり、愚痴を言いたくなることも当然あるでしょう。

勉強だけが高校生活ではありませんが、ギリギリの成績だけを狙うというのは「学ぶチャンスの放棄」とも取れる行動です。アメリカ現地でしか学べないことが多いのは言うまでもないことですので、親子でよくよく話し合いをする時間を設けて、子供が自発的に勉強できるように導いてあげることが両親ができる最も大切なことだと私は考えています。


ではでは
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR
PR
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%20%E3%81%9D%E3%81%AE2%E3%80%80%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%94%9F%E3%81%AE" /> -->

生徒の学力検証シリーズ その1 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(前編)





Google 等の検索エンジンで「慶應ニューヨーク」と入力すると、関連ワードで

「バカ」
「金持ち」

といった単語が表示されることは有名ですが、実際の学力はどの程度なのかをシリーズで考えたいと思います。記念すべき1回目は、「同じNY学院の生徒なのに、学力差が激しい理由」を考察します。




NY学院でトップ水準の学力を持つ生徒の多くは、
・英語と日本語どちらも(アメリカ人・日本人両方の)年齢相応に読み書きができる
・第2外国語を現地校で数年間履修済、または第2外国語を扱う言語圏に住んでいた

といった特徴があります。(メンタル面の特性は別の機会に紹介します)



逆に成績が悪い生徒は、
・日本語能力が同世代よりも低く、英語はESL(English as a second Language)の履修が必要。

という特徴があります。



逆のパターンで英語が出来て日本語がまったく出来ない生徒もいますが、授業の7割は英語で行われるため、英語力だけで成績はある程度とれます。結局、英語が一定レベル以上ならば、留年するほど成績が悪くなることは滅多にありません。

国語が得意、数学が苦手とか、そういった段階の話ではないんですね。結局は英語で行われる授業と、日本語で行われる授業をリアルタイムで理解できるかが、高い成績を残すために求められる基礎要件になるのです。

私個人の話になりますが、私の日本語力は人並み(ただし漢字は苦手)で、英語力は中の下でした。自分で言うのはなんですが、授業態度や試験対策は真面目に取り組んでいました。しかしそれでも最終的な成績は(甘く自己採点して)中の中 程度です。

私が在学中に「なぜ他の同級生はほとんど勉強していないのに、あんなに良い成績がとれるのか?」という疑問を抱いたことがあります。


成績の良い友人達に正直にこの疑問を訪ねたところ、大きく分けて3パターンの答が返ってきました。

1.現地校で、すでに習った内容だから楽
2.入学前に、塾ですでに習った内容だから楽
3.そもそも、授業を聞いていたら分かる内容でしょ  ( ̄□ ̄;)!!


私はショックを受けました orz

1の「現地校で、すでに習った内容だから楽」について

英語の授業で扱われる教材図書は、すでに現地校の授業で読んだことがあるという生徒は成績上位者には多かったです。現地校でESLを卒業し、ネイティブの学生達と同じ授業を履修し、教材図書のほとんどは、授業で勉強済なのです。

そのため感想文などもスラスラと書けるし、比喩的な表現についても過去に学習しているので、理解するのに辞書をひいたり、先生に質問する必要もなくなります。生徒によっては、現地校で提出した作文をそのまま提出する子もいました。

第2外国語に至っては、現地校で数年間スペイン語やフランス語を履修しているので、他の生徒よりも優位になります。スペイン語圏で生活していた生徒などは、当然スペイン語がペラペラなので、何も勉強せずにA評価を得たりします。「すでに喋れるんなら、他の外国語を履修しろよ」と内心私は思っていました。生徒によってはスペイン語を3年ほど勉強しているのに、わざと Elementary レベル(初級者用のクラス)の外国語のクラスを履修することで、楽をしていた子もいました。


当然ながら、上記のような優位性を持たない生徒は、普段の勉強に求められる時間が大きく増えます。


2の「入学前に、塾ですでに習った内容だから楽」について

日本語で行われる授業(国語、古文、日本史など)は、NY校の授業の3割程度です。これらの授業で圧倒的な高成績を残す生徒は、入学前に塾で日本での高校受験対策をしてきた生徒達です。慶應ニューヨークに入学する道と、帰国子女枠で日本の高校に進学する道、これら2つの対策をしている海外在住の子女は多いです。

塾に通っていれば、全員が高成績という訳ではありませんが、塾で上位成績者だった子はNY校でも上位の成績を取ることがやはり多いです。

私も塾に通っていましたが、成績は並レベル。NY校でも並レベルの成績でした。


3の「そもそも、授業を聞いていたら分かる内容でしょ」について。

私は英語が苦手だったため、授業内容を理解するのに辞書が常に必要でした。言葉のニュアンスを理解するのに苦労も多かったです。そのため英語がペラペラな生徒は瞬時に理解できる内容でも、私にとっては1手間、2手間かかってしまいます。

特に苦労したのは、世界史やアメリカの公民、生物、物理など、成績によるレベル分けがない科目です。数学は得意だったので、フィーリングで理解できましたが、未知の単語のオンパレードの授業は教科書を翻訳するところから始まるのです。







1から3で共通することは、語学力がないと時間が足りなくなる、ということです。結果として、遊んでいる人よりも勉強しているのに、自分の方が成績が低いという「悔しい想い」をする生徒も少なくありません。



NY校では、毎週何かしらの科目で小テストがありす。授業の進捗に遅れると、その科目のリカバーをしながら目の前のテスト対策も必要となります。もちろん、通常授業の勉強や部活動も同時進行です。まともにやっても、時間は足りないことは目に見えていますね、、、



部活動との両立をはかる勉強法―短時間成績向上の方策


成績上位者の持つ全てのアドバンテージは、その生徒が入学前に身につけた実力なのだから、卑怯でもなんでもありません。学校にとっても基礎学力の高い生徒は多くて困ることはありません。今回の記事でご理解いただきたかったのは、「入学時点で基礎学力の差が激しい」という事実です。


後編の記事では、アドバンテージを持たない生徒が、どうすれば効率よく成績を上げられるかについて触れます。


ではでは

(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%94%9F%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E5%B7%AE%E3%81%8C%E6%BF%80%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1%EF%BC%88%E5%89%8D%E7%B7%A8%EF%BC%89" /> -->

慶應ニューヨーク学院では、日本語力はどれくらい身につくのか?





慶應ニューヨーク学院の特長について説明がされる場合、

英語での授業が7割とか、
現地採用のアメリカ人教師が多数いるとか、
アメリカ文化を学べるとか、

英語やアメリカ文化をどれだけ身に着けられるかという視点で語られることが多いです。



私が違和感を感じるのが、日本語や日本文化をどれだけ身に着けられるかという説明はビックリするくらい少ないことです。ニューヨーク学院卒業後には、日本の慶應義塾大学に進学するのですから、平均的な高校生程度の日本語能力がないと困ることになるのは目に見えているはずなのにです。



この原因はおそらく、日本語の方が得意な生徒が多数派であることや、もともと慶應が日本の学校であることが原因だとは思うのですが、この説明の偏りはこれからも続くと思います。



※注意※
偏っているのはネット等での個人間での説明です。学校発信の情報(オフィシャルHPからの情報)は英語・日本語の両方がされています。




私がニューヨーク学院に在籍していた頃は、学校のイベントとして日本文化を体験できるようなものは、ほとんど無かったです。茶道部とかに入部すれば着物を着たり、日本人のお茶の先生を通して学べることは多いでしょうが、茶道部の部員は当時5人程度で、わざわざ習いに行く生徒は少ないことが分かります。

柔道、剣道、空手部に入部することで学べることもありますが、あくまで武道の範疇(はんちゅう)での文化であって、日本人がどんな生活をしていて、何を考えて生きているかを実感できるような瞬間はありませんでした。

日本の文化を最も体感できるのは、やはり寮での生活だったと感じています。寮では日本語で話す生徒が多いので、嫌でも日本語のヒアリング能力は上達します。部屋には日本のアイドルポスター(ジャニーズ、ビジュアル系バンド、AKB、ハロプロなど)を飾る生徒や、流行の歌を聴いている生徒は多いので、そういったものから日本の流行りを感じ取ることができます。

個人的には、日本の慶應生と交流するようなイベントがあったら楽しそうだなと今でも思いますが、なかなか定期開催は難しいようです(慶應女子のラクロス部がニューヨーク校で親善試合をしたという話を聞いたことがあるくらいです)。



文化についてはさておき、日本語能力の向上はどの程度、見込めるのでしょうか?



慶應ニューヨーク学院の授業は7割が英語ということは、日本語は3割しかないということになります。日本語で行われている授業は、

国語、日本史、保健体育が、日本語で行われ。
数学、音楽、美術、体育は、教師によって英語の場合もあれば、日本語の場合もありました。

曲がりなりにも、日本の高校で扱われている教科書を使って、国語の授業を受けているので、実感として日本語は上達しました。日本語が苦手な生徒には「nihongo(日本語)」というキャッチアップ用の授業があるので、安心だとは言われています(nihongoの授業は受けたことがないので、詳細は不明)。

国語の授業では、年4回、全生徒を対象に漢字テストが実施され、80点以上をとらないと何度でも追試となる制度があるので、それで最低限の読み書き能力も担保できると考えています。



ちなみに私個人のケースになりますが、日本語の方が得意な私が慶應ニューヨーク学院を卒業後に、日本で読めない漢字が多くて驚きました。

例えば「珈琲」という字。私は最初、「珊瑚(さんご)」と勘違いしましたw 大学の同級生に「珈琲(コーヒー)って読むんだよ」て教えられて、納得したのを覚えています。

他にも、「苺」「芳しい」「予め」という字が読めず、ショックでした orz




ちなみに答えは、

苺(いちご)
芳しい(かんばしい)
予め(あらかじめ)

となります。

大人になってから振り返ると、レベルの低さに呆れますね。


ただ、安心してください。
私は大学入学後にすぐにサークルに入ったのですが、自己紹介の時点で帰国子女であることを説明していたので、結構みんなやさしくフォローしてくれました。一緒に活動していれば日本語で問題を感じる場面は1年経過した頃にはほとんどありませんでした。

大学の授業は学部によって様々ではありますが、字が汚かったり、誤字脱字が多かったり、平仮名だらけでテストの論述問題を解答すると、無条件で0点にする教授もいますので、日本語の勉強は高校でしっかりと行うことをお勧めいたします。

ニューヨーク校で、日本語が苦手で英語が得意な生徒(英語派の生徒)は、大学で苦労することが多くあると思いますので、高校の3年間(4年間)で対策しておくことを強くお勧めいたします。



(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E5%AD%A6%E9%99%A2%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%80%81%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%8A%9B%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%82%8C%E3%81%8F%E3%82%89%E3%81%84%E8%BA%AB%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F" /> -->

アメリカの中学生・高校生が読んでいる本 その1





こんにちは、管理人のブラウンです。



2001年度より、慶應ニューヨーク学院は受験資格を拡大し、日本からの受験生を受け入れるようになりました。そのため日本語が得意な学生と、英語が得意な学生の人数バランスが一気に「日本語派」に偏ることになったという経緯があります。



本日は、英語力に不安を抱える受験生のために、アメリカの同年代の中学生たちが授業で読んでいる本を紹介いたします。(後の記事で高校生が読む本も紹介予定です)



これらの本が英語でスラスラと読めるようなら、卒業要件のTOEFL530点以上は取れるでしょうし、初年度から英語の Intermidiate Class(中級クラス)以上に入ることも十分可能だと思います。何より、面接で、英語対策としてアメリカの中学生が読んでいる本を調べて、全て読破しましたというのは、アピールポイントにもなると考えています。私が面接官ならば、どんな本を読んで、その感想も聞きますので、その回答もちゃんと用意しておきましょうね^^




それでは、1冊目は、


The Pearl (Penguin Great Books of the 20th Century)


真珠(日本語版)

The Pearl』は、私はアメリカの現地校で8年生(中学2年生)の時に読んだのを覚えています。当時の私には読むのが難しく、ESLの先生に手伝ってもらいながら、辞書を使って1ページずつ苦労して理解したのを覚えています。

正直、話の内容に対して感動もなかったし、教訓も感じませんでした。今、ストーリーを読み直しても同じ感想を抱いています。ただただ、英語の勉強のために読んだ思い出しかありません。

なぜこの本が長年評価されているのかが、本気で分からないです。なぜかアメリカでは学校で読まれ続けられています。きっと私には理解できない良さがあるはずなので、一度読まれてみてはいかがでしょうか?少なくとも現地のアメリカ人との話のタネにはなるでしょう。





続けて2冊目


One Flew Over the Cuckoo's Nest


カッコーの巣の上で (白水Uブックス192/海外小説 永遠の本棚)

こちらの本は9年生(中学3年)の時に読みました。授業で映画も観たのですが、なかなか面白かったです。アメリカの授業では、活字で作品を読んでから、映画も観て 先生が楽をする 理解を深めるという授業スタイルがよく行われます。多少の違いはあれど、書籍も映像もどちらも良作です。一度読んでおくことをお勧めいたします。

ちなみに英語タイトルに含まれる「Cuckoo」は日本語タイトルの通り「カッコー(鳥)」の意味で間違いではないですが、実際の意味は「バカ」「まぬけ」「クルクルパー」的な意味合いで使われています。

”Cuckoo(クゥークゥー)” 
”クルクルパー”

ちょっと響きが似ているのが面白いなと、当時は考えたりしていました。






最後に3作目


The Catcher in the Rye


ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

何年生の時に読んだかは忘れてしまいましたが、日本でも有名な作品ですね。ただ、残念なことに私はあまり好きではありません。嫌いなわけではなく、好きではありません。なぜなら、好きになるポイントがなかったからです。

先日ラジオで本作を「多くのアメリカの高校生たちを感動させた作品」と紹介されていたのですが、まったく共感できませんでした。

感動したという同年代も見たことがありません。私のように作品を理解できない中学生・高校生は多いと思いますので、早めに読んでおくことで少しでも対策しておくと良いかもしれません。




以上、3作品のノベルを紹介させて頂きました。時代背景や、文化の違いで理解ができない箇所が多い思いますので、分からない事は学校の英語の先生に質問するのが良いと思います。

歴史や文化背景が分からない人に質問すると、的外れなアドバイスをもらう可能性が高いので、アメリカで育った英語教師が質問する相手としては適任かと思います。

まだまだ紹介したい書籍はありますので、また紹介する予定です^^




マタネッ(*^-゚)/~Bye♪











にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%8C%E8%AA%AD%E3%82%93%E3%81%A7%E3%81%84%E3%82%8B%E6%9C%AC" /> -->

        
  • 1
  • 2