忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 部活動・委員会 > 部活動シリーズ1 オススメの部活はクロスカントリー部

部活動シリーズ1 オススメの部活はクロスカントリー部




こんばんは。

新しいカテゴリー「部活動・委員会」を追加しました。
このカテゴリーでは、慶應ニューヨーク学院の部活を紹介します。

実際に私が所属したことのない部活も含めて、それぞれの活動内容や、メリット・デメリットを紹介させていただきます。これから入学される方にとって、何か参考になれば嬉しいです^^



記念すべき第一回目は「クロスカントリー部」について紹介いたします。



クロスカントリーは日本ではあまり馴染みのないスポーツで、人によってはスキーのクロスカントリーを想像する方が多いかもしれません。実際の競技内容は、約5キロを走る中距離マラソンです。陸上競技のように整備されたトラックや街の中を走るのではなく、山の中、森の中を走るスポーツです。過酷そうですね。










はい、実際すごく過酷です。










一部の生徒からは、その練習内容を聞いて「鬼部(おにぶ)」と呼ばれていました。そんな過酷なスポーツをなぜ私が勧めるかを説明します。







クロスカントリー部を勧める理由 その1 9月~11月というシーズンがGOOD

アメリカのスポーツはシーズン制です。一つの部活を一年中やっている訳ではありません。オフシーズンは他のスポーツをやったり、自主トレをしたりするのが一般的で、クロスカントリーは9月~11月の秋シーズンに開催されます。

9月から開始ということは、夏休みが終わり、新学期が開始されると同時にスタートするということになります(アメリカの学校は9月から新学期が始まり、6月に終業式を行います)。新入生として入学して、まだ人間関係が構築されていない段階なので、とりあえず入学と同時に活動に参加すれば、同級生や先輩達と早く仲良くなれます。これは3年間の学校生活において大きなアドバンテージです。

他にも冬のスポーツであるバスケットボールですが、クロスカントリー部は冬のバスケシーズン前に体力を付けるために、バスケ部志望の部員も多かったです。なので、本命の部活ではないけれど、そのための自主練習の一環として参加するのはアリだと思います。






クロスカントリー部を勧める理由 その2 9割9分が初心者

サッカー部やバスケ部に入部する生徒は、ほとんどが経験者です。未経験で入学して、すぐに戦列に加わるにはハードルが高く感じるかもしれません。

その点、クロスカントリー部は経験者として入部する生徒は、ほぼゼロです。体力に自信がある人、ない人の違いはあるかもしれませんが、入部時点で10㎞、20㎞走ったことがある人など、ほぼいません。同級生との技術や経験の差がない状態で新しいスポーツに挑戦できるのはメリットです。






クロスカントリー部を勧める理由 その3 痩せる

クロスカントリー部の練習内容は、「ストレッチ」「筋トレ」「走る」の3つです。走るの中には、短距離、長距離、ジョギング、ダッシュ、坂道などバリエーションがありますが、基本は、走って、走って、走り続けます。







これで痩せないわけがないでしょ。







私もクロスカントリー部に所属していたことがありますが、シーズン中に7キロ痩せました。しかも同時に身長が伸びていた上での7キロ痩せですよ! 他のスポーツもやっていましたが、全スポーツの中で、減量効果は断トツ1位です。女子にとっては大きな魅力ですよね。






クロスカントリー部を勧める理由 その4 男女混合での練習

サッカーやバスケは男子と女子とで別々のコーチがいて、練習も当然別々に行いますが、クロスカントリー部は練習が合同です。練習メニューも同じでした。

考えてみれば当たり前のことです。100メートル走という競技がありますが、女子は90メートル走というルールはありませんよね?試合で走る距離が一緒である以上、その距離で最高のタイムが出せるように練習しているだけの話です。

試合は男女別々なのですが、試合会場は同じなので、基本は男子と一緒に行動します。ロッカールームはちゃんと別々なので安心してください。

なぜこれがメリットなのかというと、やはり高校生は異性が気になるものだからです。一緒に辛い練習を3,4か月もすれば仲良くもなりますし、お互いの極限まで体力を使った状態での絆は強くなります。スポーツで男女混合の部活はあまりないので、男子にとっても、女子にとっても、狙い目だと思いますよ。






クロスカントリー部を勧める理由 その5 自信が付く

私がクロスカントリー部の練習に参加した時、「10キロなんて走れるわけない、体育の授業でも2,3キロしか走ったことないんだから、無茶いうな!」と思いました。





2か月後
普通に10キロ走れてました。 (ノ´▽`)ノオオオオッ♪





真面目に練習に参加していたら、走れる距離と、スピードが自然と伸びていました。体育の体力測定での、1マイル走(約1.6キロ)はクロスカントリー部のメンバーがブッチギリのトップをとりますので、それも大きな自信に繋がりました。

結果、私の中で
「練習(訓練)すれば大概のことは出来るようになる」というマインドが生まれ、その考えは大学生・社会人になってからも役に立っています。






精神論が多くなってしまいましたが、もし他の部活に入る予定がないようでしたら、1年目だけでもクロスカントリーやってみるのはいかがでしょうか?

きっと何かの役に立つと思いますよ。



ではでは (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP