忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 入試試験・大学推薦 > 受験日当日 そのとき現役の生徒達は何をしていたのか!?

受験日当日 そのとき現役の生徒達は何をしていたのか!?





私が慶應ニューヨーク学院に在籍していた頃、入学試験はニューヨークの校舎内で行われる一般入試のみでした。当時は海外在住であることが受験資格に含まれていたため、受験日には世界中から受験者が学校に集まってきたのを覚えています。

本日の記事では、試験日当日に現役の生徒達が何をしていたのかや、受験日前にあった、ちょっとしたエピソードをご紹介いたします。



受験日当日の様子

受験日当日は、生徒は校舎に立入禁止と命じられていました。例外として校舎に立ち入ることができるのは、受験の手伝いをするスタッフに任命された数少ない生徒のみです。どんな仕事をするのかを聞いたところ、保護者が待機する部屋の受付を担当していたそうです。

残りの生徒達は寮にいるようにと指示され、カフェテリアの利用時間も指示されていました(受験生がお昼をカフェテリアでとるため、時間がバッティングしないようにするための配慮)。

寮での過ごし方はいつもと変りなく、各々が自分の部屋で漫画を読んだり、ゲームをしたり、勉強したりと、自由時間を楽しんでいました。生徒の中には、自分の兄弟姉妹が受験に来ている子もいたので、そういった子はちょっとソワソワしている様子も見受けられましたね。




そんな中、
受験日から遡ること数日、一部の生徒達はあることを計画していました。







それは、これから受験に挑む、未来の後輩達に向けて応援メッセージを送ることでした。






本来ならば、褒められた事ではないのですが、彼女ら(彼ら)は受験日の前日に受験生に向けた、応援メッセージを学校の机に書いていたのです。


例えば、
受験がんばってね、入学楽しみにしているよ!』的なメッセージです。

実際、どの教室で試験が行われるかは生徒達は知りませんので、メッセージが受験生に届く確証はありません。それでも何かの励みになればと、メッセージを書いていたそうです。

私の同級生で実際にそのメッセージを受験時に読んだという生徒がいたので、意外と受験生に届いているのかもしれませんね♪

念のため申し上げておきますが、どんなメッセージであれど机に落書きすることは決して褒められた行為ではありません。場合によっては、受験生が机にチートメモをしたと疑われる可能性がありますので、真似はしないようにお願いいたします。


ただそれでも、ちょっとだけ微笑ましいエピソードですよね^^




続・慶應幼稚舎入試解剖学 付録 慶應ニューヨークのすべて




落書きついでに、もう一つエピソードを紹介いたします。

私が在籍当時、教室の机には、ちょいちょい落書きがありました。

内容としては、やたら上手いドラゴンボールのキャラクターが描いてあったのを覚えています。他には、読み方の分からないスラングだらけの英文があったりしました、おそらく英語の曲の歌詞だと思われます。

面白いのが、
放課後にカストーディアン(清掃員)が机を全て教室外に運び出して清掃をするため、翌日には机がシャッフルされて教室に再配置されます。そのため、ドラゴンボールのキャラクターが入った机がまったく別の位置にあったり、場合によっては、別の教室に移動することがあったのです。

想像してみてください、
すっごく綺麗な女子生徒が、優雅に机の教室に座ったら、ドラゴンボールの落書き入りの机に当たり、それでも平然と授業を受けるようなシチュエーションを。





ちょっとだけ面白くないですか^^






もっとも、そういった机に出くわしたら授業前に余っている机と取り替えることができます。実際、女子生徒は机を交換していましたね。逆に男子生徒は落書きにセリフを書き足したりして遊んでいましたw




数年前から、ニューヨーク校の校則がモラル面で厳しくなったと聞くので、机の落書きなどは少なくなったんでしょうかね?

もし、これから受験される方が、受験日当日に(ドラゴンボールではなく)机に応援メッセージを見つけたら、このエピソードを思い出してみてください。いつの時代も素敵な先輩方があなたの入学をお待ちしていますよ。




ではでは (⌒∇⌒)ノ""マタネー!!








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP