忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 寮生活 > 0ゼロから学ぶ慶應寮生活 『食の充実』のための必需品たち

0ゼロから学ぶ慶應寮生活 『食の充実』のための必需品たち




本日の記事は、娯楽の少ない慶應ニューヨーク学院の寮生活で、重要な位置を占める「食の喜び」についてご紹介いたします。



カフェテリアでは、朝、昼、晩の食事が出て、放課後にはちょっとしたスナックが提供されていました。もっとも、ほとんど生徒は授業が終わると部活や委員会活動、先生への質問などに行くので、スナックを食べている生徒は数える程しかいなかったです。(本音は食べたいんですけどね、、、)



食事は正直いって口に合わないものはありました。例えばスパゲッティのソースが余りに不味くて、ソースをかけずに麺だけをもらい、タラコふりかけを掛けて食べていた子は多かったです。ちょっとした、即席たらこスパゲッティでした^^



食べ物はアメリカらしく、なんでも味が濃い傾向があるので、調味料を日本人向けにするだけで、大きく味は改善されます。私は日本の調味料を持っている他の生徒が羨ましく思っていたくらいです。今にして思えば「ごはんですよ」を持っている友達を羨ましがる高校生(私)って面白いですよね。




桃屋 ごはんですよ 180g



生徒の中にはカップラーメンを箱買いして、日本から持ってくる子もいましたが、私は調味料を持ってくることをお勧めします。

理由は、
・かさばらない
・長期保存ができる
・少量ずつ使える
・友達とシェアできる

などのメリットがあるからです。
友達に分けると、貴重な調味料は減るけど、一緒に美味しいものが食べれて、楽しさは増します。これ意外と重要なポイントです。


そんな要望を叶える、便利な調味料を紹介いたします。




あると嬉しい調味料 その1
ジャム各種


ランプ ブルーベリージャム 845g


カフェテリアではトーストを焼いたり、ヨーグルトを食べることもできます。ただ、備え付けのピーナッツバターやジャムが強烈に味が濃かったです。ちょうどよい好みの甘さのものを持参することをお勧めいたします。





あると嬉しい調味料 その2
ドレッシング各種


ミツカン 金のごまだれ ごま豆乳たれ 1010g


カフェテリアのサラダバーには調味料が10種ほどありましたが、どれも私の好みに合いませんでした。理由はやはり味が濃いから。あと、胡麻ドレッシングがなかったのが不便でした。サラダは貴重な栄養分となりますので、美味しく食べられる工夫はマストになります。





あると嬉しい調味料 その3
カレーの粉


ギャバン 純カレーパウダー丸缶


これはオマケ的な要素です。
たまにホットドッグが食事に出るのですが、調味料はケチャップとマスタードのみです。実は英国ではホットドッグにさらにカレー粉をかけて食べるんですよ、知っていましたか?すっごく美味しそうに聞こえますよね。私もテレビで見て知ったのですが、実際に試したら美味しかったです! 是非、カレー粉を持参ください。ホットドッグが2倍美味しくなります♪





あると嬉しい調味料 その4
ご飯に合うもの各種


沖縄物産企業連合 島のスタミナ肉みそラー油 110g



食べるラー油でも、ザーサイでも、なんでも良いです。とにかくごはんに合うものを持っていきましょう。毎日似たような献立に1ヶ月もすれば飽きますので、変化を楽しみましょう。





あると嬉しい調味料 その5
ココアパウダー


バンホーテン ピュアココア 200g



試験前の眠気覚ましにはコーヒーが役立ちます。
しかし飲みたい時にカフェテリアが開いているわけではありませんし、そもそも好みの味ではないかもしれません。部屋やラウンジで沸かせるように準備しておいて損はありません。

マニアックな使い方として、シュークリームのような甘いお菓子に少量かけて、大人の味にアレンジするという使い方もできます。



以上




いかがでしたでしょうか?



今回は学校創立から、ずっと言われ続けられている「ごはんが不味い」問題に切り込んでみました。



何年かに一度、カフェテリアの業者を見直しているらしいので、改善はされているのでしょうが、なかなか満足度は上がらないようですね (-_-;ウーン



何にでも言えることですが、学校が変えてくれるのを待つのではなく、自分の力で変えられることは、なるべく早く着手するのが良いと思います。改善を訴えても、自分が卒業した後に改善されても面白くありませんからね。




ではでは

ヾ(=・ω・=)o☆バイバイ☆ヾ(=・ω・=)o








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP