忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 授業・成績 > アメリカの中学生・高校生が読んでいる本 その1

アメリカの中学生・高校生が読んでいる本 その1





こんにちは、管理人のブラウンです。



2001年度より、慶應ニューヨーク学院は受験資格を拡大し、日本からの受験生を受け入れるようになりました。そのため日本語が得意な学生と、英語が得意な学生の人数バランスが一気に「日本語派」に偏ることになったという経緯があります。



本日は、英語力に不安を抱える受験生のために、アメリカの同年代の中学生たちが授業で読んでいる本を紹介いたします。(後の記事で高校生が読む本も紹介予定です)



これらの本が英語でスラスラと読めるようなら、卒業要件のTOEFL530点以上は取れるでしょうし、初年度から英語の Intermidiate Class(中級クラス)以上に入ることも十分可能だと思います。何より、面接で、英語対策としてアメリカの中学生が読んでいる本を調べて、全て読破しましたというのは、アピールポイントにもなると考えています。私が面接官ならば、どんな本を読んで、その感想も聞きますので、その回答もちゃんと用意しておきましょうね^^




それでは、1冊目は、


The Pearl (Penguin Great Books of the 20th Century)


真珠(日本語版)

The Pearl』は、私はアメリカの現地校で8年生(中学2年生)の時に読んだのを覚えています。当時の私には読むのが難しく、ESLの先生に手伝ってもらいながら、辞書を使って1ページずつ苦労して理解したのを覚えています。

正直、話の内容に対して感動もなかったし、教訓も感じませんでした。今、ストーリーを読み直しても同じ感想を抱いています。ただただ、英語の勉強のために読んだ思い出しかありません。

なぜこの本が長年評価されているのかが、本気で分からないです。なぜかアメリカでは学校で読まれ続けられています。きっと私には理解できない良さがあるはずなので、一度読まれてみてはいかがでしょうか?少なくとも現地のアメリカ人との話のタネにはなるでしょう。





続けて2冊目


One Flew Over the Cuckoo's Nest


カッコーの巣の上で (白水Uブックス192/海外小説 永遠の本棚)

こちらの本は9年生(中学3年)の時に読みました。授業で映画も観たのですが、なかなか面白かったです。アメリカの授業では、活字で作品を読んでから、映画も観て 先生が楽をする 理解を深めるという授業スタイルがよく行われます。多少の違いはあれど、書籍も映像もどちらも良作です。一度読んでおくことをお勧めいたします。

ちなみに英語タイトルに含まれる「Cuckoo」は日本語タイトルの通り「カッコー(鳥)」の意味で間違いではないですが、実際の意味は「バカ」「まぬけ」「クルクルパー」的な意味合いで使われています。

”Cuckoo(クゥークゥー)” 
”クルクルパー”

ちょっと響きが似ているのが面白いなと、当時は考えたりしていました。






最後に3作目


The Catcher in the Rye


ライ麦畑でつかまえて (白水Uブックス)

何年生の時に読んだかは忘れてしまいましたが、日本でも有名な作品ですね。ただ、残念なことに私はあまり好きではありません。嫌いなわけではなく、好きではありません。なぜなら、好きになるポイントがなかったからです。

先日ラジオで本作を「多くのアメリカの高校生たちを感動させた作品」と紹介されていたのですが、まったく共感できませんでした。

感動したという同年代も見たことがありません。私のように作品を理解できない中学生・高校生は多いと思いますので、早めに読んでおくことで少しでも対策しておくと良いかもしれません。




以上、3作品のノベルを紹介させて頂きました。時代背景や、文化の違いで理解ができない箇所が多い思いますので、分からない事は学校の英語の先生に質問するのが良いと思います。

歴史や文化背景が分からない人に質問すると、的外れなアドバイスをもらう可能性が高いので、アメリカで育った英語教師が質問する相手としては適任かと思います。

まだまだ紹介したい書籍はありますので、また紹介する予定です^^




マタネッ(*^-゚)/~Bye♪











にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP