忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 校風・学校文化 > 慶應ニューヨーク学院に通うことで得られる8つのメリット

慶應ニューヨーク学院に通うことで得られる8つのメリット





こんにちは、管理人のブラウンです。


慶應ニューヨーク学院に入学することで得られるメリットをリストアップしてみました。色々な角度から考えてみましたので、何かの参考になれば幸いです。



1.英語(または日本語)が上達する

もともと日本語が得意な生徒(日本語派)は英語が、もともと英語が得な生徒(英語派)は日本語が上達します。

日本語が得意な生徒の方が多いためか、寮や学校での会話の多くは日本語で行われます。そのため、英語派の生徒にとっては、卒業するころには日本語がものすごく上達します。

ネット情報では、英語力はそれほど上達しないとは言われていますが、少なくとも卒業要件であるTOEFL530点(550点?)以上は身につきます。

加えて、授業の7割は英語で行われているため、リスニング能力はすさまじくレベルアップします。私の肌感覚ですが、ニューヨーク校の卒業生の半分以上はTOEICのリスニングテストで95%以上の正解率をだせています。英語がそんなに得意ではなかった私も、リスニングテストでは満点を取れました(ライティングは、、、、)。

リスニングで95%以上の正解率を出せるということは、TOEICで800点以上はほぼ取れると考えて良いです。もともと英語が得意ならば、900点代後半も問題なくとれます。というか、とっている人がゴロゴロいます。




2.生活力が鍛えられる

生活力とは何かの問題に直面した際の対応力です。 Yahoo知恵袋によると「理屈でもお金でもありませんし、仕事 家庭 社会 どれかに限定されるわけでもないです。 実社会に出て自活して生きていると、いろいろな問題が起きてきますよね。 自分の意思と方法で切り抜けていくこと、対処していくことが生活力です」とありました。

生徒の大部分が寮生活をする中、人間関係のトラブルは常に発生します。楽しい日も多いですが、頭に血が上るような体験も多いのも事実です。男女関係や先輩後輩関係のトラブルもあるかもしれません。

これらのトラブルは日本やアメリカで暮らす高校生も直面する問題ではありますが、24時間キャンパス内で暮らしを共にするため、直面する問題の数が多いのです。

それらを乗り越えた経験は、必ず大学生や社会人になっても役に立ちます。甘ったれた性格があれば、それも大きく改善されるでしょう。早い話、精神的にタフになれます。




3.慶應義塾大学への進学ができる

慶應ニューヨーク校を卒業できれば、慶應義塾大学への推薦が得られます。ただし、あくまで卒業できればの話なのでご注意ください。入学してから卒業するまでに何かしらの理由(成績不良、実家の都合、不祥事など)で学校を去る生徒は1割はいると思ってください。

なお、進学できる学部も基本的に成績が高い順に選択をするため、必ずしも希望の学部に進めるとは限りません。




4.アメリカ文化に触れられる

近年、教育理念である「バイリンガル・バイカルチュラル」を体現するために、現地のアメリカ人と交流するイベントが増えているようです。私が在籍したいた当時は、自分からボランティア活動に参加したり、委員会の活動で他校に文化交流に行くメンバーにでもならない限り、そういった機会には恵まれませんでした。

キャンパス内に文化交流を目的とした講堂や大ホールを内蔵した建物を作るそうなので、本気度が伺えます。




5.生涯の友ができる

高校時代の友人と社会人になっても付き合いのある方は多いと思いますので、特別すごいことではありません。強いて違いを述べるなら、寮生活ではルームメイトが必ずいますので、相手と同じ部屋で過ごした経験は何歳になっても思い出深いものになりやすく、生涯の友になりやすいです。付け加えるなら、ほぼ全員が同じ大学に進学するので、高校での縁が大学生活にも継承されることも仲を深める要因となります。

私の場合、フェイスブックなどで交流のある同級生は多いですが、実際に1年間に複数回会う友人は2人しかいません(多分少ない方だと思います)が、その分大学時代に出会った友人と会うことが多いです。慶應はOBの繋がりでおそらく日本で1番か2番目に強い大学だと思いますので、こういった関係性を育める環境は特別です。





6.大学レベルの教育が受講可能

成績優秀者に限定はされますが、一部の上級クラス(Advance Class)や選択科目では大学レベルの教育が先行して行われます。

例えば、英語の Advance Class ではシェイクスピアの作品を英語で学習し深い部分まで読み込んだりしますし、法学部志望者の受講する Politics の授業では「君主論」を英語で読んだりします。こんな高校生は日本に10000人に1人もいません。




7.安全に性の知識が学べる

高校生は多かれ少なかれ、エッチな話題が好きなものです。入学時には性の知識が皆無だった生徒も、学校生活を送る内に色々なことを学びます。男子寮でも女子寮でもエッチな本やDVDが交換されたりしています。

ただ、安心してください。すっごく校則が厳しく、セキュリティが高いので校内で過ちが起きる可能性は極めて低いと思ってもらって結構です。あるとすれば、夏休み中に彼氏・彼女が日本で会っているタイミングなどだと思われます。何はともあれ、大部分の生徒は在校中に性の知識が安全に学べるでしょう。



8.親への感謝が身につく

多くの生徒が、反抗期真っ只中の年齢(14~16歳頃)から寮生活を開始して18前後で卒業します。親元を離れて暮らすことで、様々な感謝が芽生えます。学費への感謝、日ごろの生活サポートへの感謝、困った時に相談に乗ってくれることへの感謝など数え上げたらきりがありません。6月の卒業式では両親に感謝の言葉を述べる生徒は多く、涙する保護者も多いです。




以上、慶應ニューヨーク学院に通うことで得られる8つのメリットでした。

まだまだ書き忘れていたメリットがあるかもしれませんが、学費分以上に得られるものが多い環境だと考えています。もっとも、その環境を生かすも殺すも本人次第ではあるんですけどね。



マタネッ(*^-゚)/~Bye♪







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP