忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

Home > ブログ > 生徒の特長 > 幼稚な先輩の話

幼稚な先輩の話





慶應ニューヨーク学院の生徒の特長という大きな括りでモノを語ると、バイリンガルとか、海外育ち、慶應の内部生、親が金持ちとか、そんなありふれた特色しか出てきません。



もっと個別の生徒、少数派・多数派関係なく様々なエピソードを交えて紹介できればと思っています。そのため今回は、たまに、いらっしゃる、すっごく幼稚な先輩のエピソードを2つ紹介します。



エピソード1
文化祭で同級生に八つ当たりする先輩

慶應ニューヨーク学院には年に1回、文化祭が開催されます。準備期間も長く、地元の日本人・アメリカ人も大勢やってくる大イベントです。

私が10年か11年生の時、
某先輩グループ2組がロックバンド部の出し物として、ライブハウスをやることになりました。片方のグループは学校3階にある、音響施設や照明施設がそろった大きな部屋を確保して、絶対に満員になる自信がありました。一方、もう一つのグループは教室1階の普通の教室に作った簡易ライブハウスを用意しました。





結果はどうなったでしょうか?





1階のライブハウスは、そこそこの客入り。
3階のライブハウスは、ほぼ0人。身内客がチラホラのみの入りでした。





簡単な話、そもそも知名度ゼロの素人バンドの演奏をチケット代を払ってでも観たいという人はおらず、ほとんどが身内客になってしまうということなんですね。そんな文化祭では集客が見込めないライブハウスという業態にも拘わらず、わざわざ3階まで聴きに行く人など、滅多にいないということです。




さー、これに怒ったのは3階のグループの1人でした。
まだお昼頃にも関わらず、ほとんど集客がないため1階のライブハウスに「オメーらずるいから、会場交換しろ!」と要求したのです。



いやいや、元々アンタ達が好きで3階の部屋を選んだんだから、今更当日になってケンカ腰で会場交換しろはないでしょうと、1階のグループからは「ふざけるな!」と応戦。



このイチャモン騒動は、その日の内に学校中に広まり、私たち後輩は呆れていました。遠くから失笑している生徒も多かったです。



結局は険悪ムードのまま、どちらのライブハウスも細々と演奏を続けました。今にして思えば、3階のグループがどうしても演奏したいなら、ケンカ腰で行くのではなくて、

「お願い、1,2曲でいいから1階で演奏させて」

といった形ならば、まだ平和的な解決が出来たかもしれないですね。



ちなみにこの幼稚な先輩は12年生(高校3年生)。
一部にはこんな生徒もいるということです ε=( ̄。 ̄;)フゥ




べビー社員―職場をイライラさせる幼稚な人の深層心理 (PHPビジネス新書)



エピソード2
集合写真の位置でケンカ


卒業アルバム用に部活事に集合写真を撮影する日があるのですが、某部活の部長と副部長が、どちらが中央に座るのかでケンカをしていました。


他の部活の撮影時間が押しているので、しぶしぶ部長が中央を譲ったのですが、問題は撮影が終わった後でした。「やっぱり、さっきのはありえねぇ!」と部長が副部長に突っかかっていきました。



副部長の言い分は、「いやいや、お前が譲ったんだから、今更文句言ってんじゃねーよ!」ということなのですが、

部長は、「あれは時間がなかったからで譲ったんだよ!そもそもなんで、お前が真ん中なんだよ!」

と話は平行線。




副部長はただ卒業アルバムで中央に座りたいという動機で真ん中に座り、部長が真ん中に座る暗黙の了解を無視した行動が幼稚に見えるかもしれません。

部長は、その時に言わなければいけないことを言わなくて、後になってから文句を大声であげる様が、幼稚に見えるかもしれません。



どっちが悪い、どっちが幼稚という議論は読者に任せますが、後輩目線でこの様子を見て感じたことは、「くだらないことでケンカして恥ずかしくないのかな、この先輩たち(どっちも幼稚)」に映りました。



ムキになるのはいいけど、後輩の前ですることではないよね。。。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~






以上、2つの幼稚なケンカを紹介しましたが、これを慶應ニューヨーク学院の全てだとは思わないでください。



紹介したケンカはたしかに下らない内容です。

しかし、皆様が高校生の時、学校ではなく家で幼稚なことが原因で親や兄弟とケンカしたことはありませんでしょうか?

多くの方は心当たりがあると考えています。



家と学校ではキャラクターが違う人って多いと思いますが、寮生活を送る生徒にとっては、寮と学校のキャラクターは近いものになりやすいです。そのため、本来なら学校でしないような幼稚な争いが、学校でも起こりうるのだと思います。



まあ、それでも上級生同士のケンカは後輩にとっては、笑いのタネ 話のタネになりやすいので、ケンカは場所を選んで、大人の対応で行うといいでしょうね。




マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR

0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP