忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

慶應ニューヨーク学院についての情報がネット上で少ないと感じ、本ブログを立ち上げました。間違った情報を是正し、美辞麗句なしの内容を心掛けています。

同調圧力 Peer pressure





皆様は同調圧力という単語をご存知でしょうか?



ウィキペディアによると、「
同調圧力(どうちょうあつりょく、Peer pressure)あるいは仲間集団圧力(なかましゅうだんあつりょく)とは、地域共同体職場などある特定のピアグループPeer group)において意思決定を行う際に、少数意見を有する者に対して暗黙のうちに多数意見に合わせることを強制することを指す。」

とのことです。



なんだか、説明文が難しいので、別の言葉で説明すると、「まわりと違うことすると、浮いてしまうので、まわりに合わせろという圧力(強迫観念)」のようなものです。


以下の記事で、日本に蔓延する「同調圧力」について触れていて、慶應ニューヨーク学院での生活では、どうだったかを考えさせられたので、本日の記事で触れようと考えました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170619-58371233-woman-bus_all




結論から申し上げますと、
慶應ニューヨーク学院での生活には、同調圧力はありますが、その値は日本と比べると遥かに少ないと私は考えています。

同調圧力は英語で、"Peer pressure" と言うのですが、英語で同じ意味の言葉がある時点で、日本だけに存在するものではなく、当然のようにアメリカにも存在することが予想できます。



日米どちらの学校も、生徒たちは幾つかのグループに分かれて、つるんで行動するものです。そのグループ内で同じような価値観や行動を暗に求められるような雰囲気。これは万国共通で存在します。

私が現地校のハイスクールに1年だけいました(9年生時)が、生徒達はランチタイムになると、見事なまでに人種別にテーブルを囲んでいました。白人、黒人、ヒスパニック、コリアン、その他です。部活のメンバーで固まることはありますが、基本は人種別で分かれます。ある意味では日本以上に同調圧力が強いかもしれませんね、アメリカは。



それでは、慶應ニューヨーク学院ではどうだったのでしょうか?


正直な話、あまり良い例が思い出せませんでした。


「みんなが、こーしているんだから、お前も合わせろ」といったことを言われた記憶はあんまりないですし、それを断って誰かが不利益を被るということも少なかった気がします。

私が考えるに、生徒達は「嫌なものは嫌と言える」「意見があれば言うべき」というマインドが備わっているんですね。

なので、反対意見を言われた側も「あー、OOさんは、これについては反対なんだな」と個別のケースとして、意見を受け止めることが出来ていました。



たまにいませんか?
反対意見は、あくまで「提案」に対しての反対であるのに、意見を言われた側が「自分に対して攻撃」されたかのような反応を示す人。

反対意見を言われただけで、あからさまに不機嫌になり、反撃までしてくるのだから、始末が悪いですよね。

学校にも、職場にも、こういう人がいるから同調圧力が生まれるのだと考えています。ニューヨーク校に同調圧力が少ないのは、このような器の小さい人が少ないからでしょうが、気を付けてください、少なからず上記のような方はニューヨーク校にもいます。(0人ではありませんということです、やたら煙たがられているそんな方は私が現役当時もいました。)





現在はどうなのでしょうか?


むずかしい質問です。


現在のニューヨーク校は日本からの受験生が増え、文化的な背景が日本的な生徒が大部分を占めています。様々な価値観があるからこそ、お互いへの配慮や、理解する努力が活発に働くのですが、今はどうなのでしょうか?

残念ながら、私はその答えを持ち合わせていません。ただ、あまり心配もしていません。なぜらな、日本からの受験生が増えたということは、同じ日本語派の生徒にも、「日本育ち」と「外国育ち」の2種が存在するからです。

私が在学中は、日本からの入学制度がなかったため日本語派の生徒は、世界のどこかしらの国で育った生徒達で、ずっと日本育ちという子はいませんでした。

そう考えると、ついこの間まで日本に暮らしていたという背景を持つ生徒がいるということにも大きな意味があります。

外国育ちの日本人ばかりのコミュニティだと、どうしても日本の情報に乏しくなります。ネットが発達したといっても、日本のテレビ番組ばかりを観ている生徒などほとんどいませんので、入ってくる情報は限られています。身近に日本の近況を知る同級生がいるというだけで、様々な相談や質問ができます。これは、すごく大きな価値です。

日本から入学するニューヨーク学院の生徒もほんの一部ですので、多様な背景を持つ生徒が多くいるという特性は健在だと私は判断しています。同調圧力に関しては依然少ない環境であるとも予想しています。



ちょっと結論が変な方向にズレてしまい、申し訳ありません。
次回は何か楽しい話題の記事を書かせていただきます。


ではでは 
-~)ノ~~ ジャネ







にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR
PR
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%AE%E7%89%B9%E9%95%B7/%E5%90%8C%E8%AA%BF%E5%9C%A7%E5%8A%9B%E3%80%80peer%20pressure" /> -->

体育祭 Field Day




慶應ニューヨーク学院にも体育祭があります。


運営は、「体育祭実行委員会」という生徒組織が行い、「K組」「E組」「I組」「O組」の4つに分かれての対抗戦となります。10年~12年のK組が一つのチームとなるので、先輩後輩と合同参加となる種目があったり、全校生徒が参加する競技もありました。



開催種目は日本で定番のものから、独特のものまであります。定番は、玉入れ、綱引き、リレーなど。独特のものは、「ドロケイ」や「ダンクコンテスト」といったものがありました。なお、最近物議をかもしている、組体操はありません。



体育祭で「ドロケイ」やっていたというと皆が不思議がるのですが、体育祭実行委員会が言うには、「参加者が楽しめる競技をやる」という前提があるらしく、「童心に帰って楽しめるドロケイ」は種目に加えるが、「ケガの可能性もあって、誰もやりたがらない組体操」は加えないとのことです。

個人的にも、組体操は嫌いなので、私や同級生はこの考えに大賛成でした。

「50人」対「50人」とかでドロケイやると、本当に盛り上がりますよ。大人になってからでも楽しめると思います。



「ダンクコンテスト」は体育祭の日に雨が降ってきたので、室内で緊急開催となった種目です。アメリカのNBA(バスケのプロリーグ)のファン感謝デーなどでは定番となっている種目で、如何に選手がカッコよく派手な「スラムダンク」をするかという競技です。




ちなみに体育祭では、選手はトランポリンで飛んでダンクをします。(分厚いエアマットを体育委員が落下地点に敷き詰めていたので、安全面には配慮していたようです)。体育教師数名が審査員となって、ダンクに対して、スコアカードを出していたのが面白かったです。


Michael Jordan Poster Slam Dunk Contest (88cm x 59,5cm)



これら以外には、ドッジボールやバレーボール、障害物競争などもありましたが、生徒達がもっとも力を入れていたのが、クラス対抗の「応援合戦」です。

生徒達は2,3週間前から10分ほどの出し物を考えて、実施します。もはや応援合戦ではなく、演劇やダンスといった競技になっていましたが、誰もそこには突っ込みません。なぜなら楽しければ良いという方針だからです。

出し物は12年生の有志が考えて、後輩をまとめるのですが、一部の生徒にとっては「かったるい」行事でもありました。なんで休みの日や放課後に、やりたくもないダンスの練習や、応援ポスター作りに参加せねばならないのかという不満です。しかも寮生活なので、居留守は使えず先輩に強制連行させられるので、始末が悪いです。

私も練習に参加していましたが、正直先輩が考えた出し物がイマイチ面白くなくて、仲の良い同級生と愚痴を言っていたのですが、ふと遠くを見ると別の組の練習風景がすごく楽しそうで、


「あれ何組?」
「E組じゃね。」
「あっちの方が楽しそうだね、、、」
「うん、、、」
「いーなぁぁぁ、、、、、(全員)」


なんてやり取りが今にして思えば良い思い出です。



体育祭は、卒業式間近のシーズンに開催していたので、体育祭の最後には体育委員長の「お涙ちょうだいスピーチ」が恒例となっていました。「お前のための体育祭じゃねーよ」と思う生徒もいましたが、逆にスピーチに感動して涙を流す生徒もいたのが、記憶に残っています。



トータルで見て、体育祭は楽しかった思い出が多いです。ダンスの練習はあまり好きではなかったけど、他の学年の子と交流できることは楽しかったし、アメリカ人の英語教師とかと本気でドッジボールをする機会とかなかなかないので、面白かったです。



あと、閉会後にPA(Parents Association, PTAのT(teacher)を抜かした組織)が参加賞として、お菓子をくれたのが嬉しかったです。私の代では、カールチーズ味を頂いたのを覚えています。父兄の皆様、ご馳走様でした。


明治 カールチーズあじ 64g




余談ですが、日本の慶應女子の卒業生と体育祭について話す機会があったのですが。彼女によると女子高の体育祭では、「全員が女を捨てている」とのことです。種目の一つにタイヤを奪い合う競技があるそうなのですが(詳細不明)、

「よこせやコラァ!」といった奪い合いが地獄絵図

だったと教えてくれました。


多少の誇張はあるかもしれませんが、女子高では女子が男子化するのは、よく聞く話なので信憑性は十分あると考えています。


ではでは。
see you again!(*^-')/~☆Bye-Bye♪










にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E4%BD%93%E8%82%B2%E7%A5%AD%E3%80%80field%20day" /> -->

慶應ニューヨーク生の夏休みの過ごし方





慶應ニューヨーク学院の夏休みは長いです。

6月の中旬から8月末までの約2か月半の夏休みは、日本の高校より1ヶ月程長く、それだけの期間があれば、やりたいことは幾らでもできそうな気がします。そんな夏休みを学生達はどのように過ごしているのでしょうか?





ほとんどの生徒は親元に帰省

生徒の帰省先の大部分が国外(主に日本)なので、学校から空港までのバスが用意され、空港を利用する生徒は事前に申し込みをします。

寮では友達と長いお別れになるので、最後に握手やハグをする生徒も多く、ちょっと感傷的になるシーンも珍しくありません。12年生(卒業生)は、寮とのお別れに特に寂しさを感じている様子があり、涙する生徒もいました。

バスで空港に到着すると、それぞれの目的地や航空会社別に散らばり、出国の手続きを行います。普段話さないような同級生とも、目的地が同じ小グループで一緒になると、なんだかんだでお話しするのは不思議ですよね。まあ、出国の直前に2,30分話したところで日本で一緒に遊ぶほどの関係になることは、ほぼないんですけどね ( ̄_ ̄)ウーン

そんなこんなで、飛行機に乗って出発!
旅行ではないので、飛行機ではしゃぐような光景はなかったです。寂しい気持ちと、帰省できる楽しみが半分半分といった気持ちだったでしょうか。皆、口数は少なく映画を観たり、音楽聴いたりと大人しくしていました。

到着後は成田空港から、さらに飛行機を乗り継ぎをする子もいれば、成田エクスプレスや、バスで実家を目指すのです。


その他の過ごし方としては、友達の家にお泊りに行くパターンです。私は、入学初年度は1週間だけ同級生の家(アメリカ国内)に遊びに行かせてもらいました。たっぷり楽しんだ後に日本に1人で帰国していますが、こういった夏休みの過ごし方も珍しくありません。

レアなケースとしては、現地のサマーキャンプのボランティアスタッフとして夏休みの間、ずっとアメリカ国内に留まる生徒もいます。滞在費は無料だし、英語の勉強、社会勉強にもなるので、賢明な選択だと思います。

成績不良者は、夏休み中にサマースクールで補習を受けるそうですが、私はなんとか補習を受けずに済んだので、詳細は分かりません。




日本滞在中の過ごし方

ニューヨーク校の生徒を悩ます問題の一つが、6月下旬だと、まだ日本の高校は夏休みではないので、そこらへんを歩いていると、学校をサボっている子に見られることです。生徒の中には警察から職務質問をされたことのある子もいます。

地元に友達もいないと、遊びに行く場所も限られるし、映画館とか平日昼間に一人で行くと、まわりからの視線を感じて、落ち着いて楽しめない時もあります。

そういったことが嫌で、私は朝はゆっくり起きて、昼までテレビをボケーと観ていたのですが、今思うともっとマシな過ごし方は幾らでもあったように感じます。正直、後悔しています。

帰省した間もない頃は、親族への挨拶など予定もありますが、一回りすると本格的にやることが無くなります。親から、「英語を忘れる前に英検を受けなさい」と言われて参考書を渡されましたが、読んだフリだけしていたのを覚えています(試験には受かりました)。




アルバイトをする

日本の高校生が夏休みに入るまでの1ヶ月間を、短期のアルバイトをして過ごす生徒は多かったです。一ヶ月働いて、稼いだお金で全力で遊ぶというパターンです。当時は求人誌に高校生のできる短期バイトが少なかったのですが、最近はどこも人手不足な上に求人広告もネットで探しやすくなっているので、仕事も探しやすいと思います。



運動する、日本の慶應の部活に参加する

部活動に熱心な生徒は、毎日のようにスポーツジムで汗を流したりする子もいましたし、日本の慶應(塾校、女子校)の部活動に短期で参加させてもらっていた子もいました。

ニューヨーク校の生徒にとって、塾校や女子校はどんな場所かという知識がまったくありませんので、進路相談や社会勉強を兼ねて学校に足を運ぶのはすごく良いことだと思います。いきなり正面から行っても学校の人が困りますので、ニューヨーク校の先生に事前に相談しておけば、仲介してくれるでしょう。貴重な経験ができると思いますよ。


塾校の部活一覧
https://www.hs.keio.ac.jp/activities/club.php

女子校の部活一覧
http://www.gshs.keio.ac.jp/school-life/club.html





お金の使い方

湯水のごとく親族からお小遣いをもらい、豪遊する生徒もいれば、必要なものだけ親に買ってもらっていた生徒もいました。

ニューヨーク校の生徒は主に関東地方に帰省しているので、夏休み中に都心で待ち合わせして遊んだり、お互いの家に泊まりに行ったり、何人かで旅行に行く子もいます。普段は窮屈な寮生活をしていた反動で、爆買いする子も多かったです。よく買われるものは、

・服
・アクセサリー
・漫画
・CD
・ゲーム
・PC関連機器
・アダルト商品(本、DVD)

など、アメリカでは手に入りにくいものや、日本の流行品を買う傾向があります。



友達と遊びに行く場合は、
・遊園地
・カラオケ
・ボーリング
・ファミレス

など高校生が行きそうな場所が中心です。関東圏だと渋谷、秋葉原、横浜などに集まる傾向が当時はありました。




今にして思うこと

2か月半という夏休みを、行動範囲の狭い学生だと持て余す場合が多いです。

日本について詳しい訳でもないし、高校生だと行けない場所も多いし、大金を持っているわけでもなく、一緒に行動する仲間も限られています。こんな状態で2ヶ月半を計画的にエンジョイできる人は少ないです(大人でも難しいと思います、やりたいことは最初の1ヶ月でやり尽くしてしまう場合も多いですし)。




そこで、
大人になった私の目線で、「もし当時に戻れるなら、どんな2か月半を過ごすか」を考えてみました。何かの参考にしてみてください。


6月下旬:
帰省。
朝から昼過ぎくらいの時間帯のバイトを探す。
バイト後は自由時間。興味のある、塾校や女子校の部活動に参加させてもらう。
部活やバイトのない日は、家族行事に充てる。


7月下旬:
バイト終了。部活は(活動があれば)継続。
ニューヨーク校の友人、地元の友達、部活で知り合った友達と、たまに遊ぶ。

スポーツジムの会員になり、運動不足にならないようにする。
パソコン教室など、何かしらの興味のある分野の学校に通い、資格やスキル取得に努める。


8月下旬:
アメリカ、ニューヨーク校に戻る。



以上。


行動力のある現役生は試してみてはいかがでしょうか?
子どもがいつもゴロゴロしているのを心配するご両親も、何かの参考にしてみてください。



最後に

とにかく、ヒマになるのが怖いので、何か学べる or 体を鍛える ことに時間を充てるようにしています。断言しますが、ヒマになると家でゴロゴロしてテレビを観るか、ゲーム三昧になるか、爆買い浪費癖になるかのどれかです。ひどい運動不足にもなるでしょうし、なにより精神衛生上よくないです。

生徒の中には日本帰省中にタバコやお酒を覚える子も多いです。親元に帰って来てからの方が悪い影響を受けやすいというのも、変な話ですよね ( ̄ω ̄;)エートォ...



ではでは
マタネッ(*^-゚)/~Bye♪








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%94%9F%E3%81%AE%E5%A4%8F%E4%BC%91%E3%81%BF%E3%81%AE%E9%81%8E%E3%81%94%E3%81%97%E6%96%B9" /> -->

すごく寒いやつが、なぜ人気者になったのかを説明します




どこの学校にも「パッとしない子」っていますよね?

何か取柄があるわけではなく、成績もスポーツも平均的で、話が面白いわけでもなく、聞き上手なわけでもない。そんな普通・平凡な存在って、どこにでもいると思います。

様々な個性と背景を持つ、慶應ニューヨーク学院の生徒達の中にも、そういう存在は多いです。

そんな「パッとしない子」が一夜にして人気者になったエピソードを本日は紹介します。



※以下、当時の回想になります※



ある日、寮(学校?)のイベントで「生徒有志によるお笑いライブ」が開催されることになりました。素人が考えたコントや漫才など、すべる雰囲気がプンプンしますよね。

娯楽の少ない寮生活でしたので、当日集まった生徒は結構多かったです。200人位は集まっていたのではないでしょうか。

出演したのは、全学年のちょっと面白いことが言えそうな「おもしろキャラ」が中心でしたが、前述した「パッとしない子」もチラホラ。

お笑いライブは、すべった子もいましたが、8割程の出演者は笑いが取れていました。素人の考えたネタで、なぜそんなに笑いがとれたのか、気になりませんか?







答えは簡単です。








主演者たちは日本のバラエティ番組のコントや漫才のネタを盗用していたのです。

今でこそ動画配信サイトが普及しているので、日本のバラエティ番組を海外でも自由にみられますが、当時は日本で録画してきたビデオやDVDからしか観ることはできませんでした。

そのため、日本のお笑い番組のネタを丸パクリしても、大部分の生徒にはオリジナルのネタとして映るのです。



前の日のテレビでやっていたお笑い番組の内容を、翌日学校で披露していた子って、学校にいませんでしたか?

それと似たようなことです。

たちが悪いのは、ギャラリーが「前日のコピー ネタ」として認識するのではなく「完璧オリジナルのネタ」として認識してしまうことです。

そのため、出演者の男子生徒達は、女子から「クリエイティブで面白い人」だとご認識され、モテモテになるのです。さらに、出演者でない男子生徒も、「あんだけ面白いネタを作れるんなら、女子にモテてもしょうがない」と納得をするので、同性からの嫉妬もありませんでした。










、、、、、、、、、、、









なんだこれ?









私は元ネタを知っていたので、パクリネタ満載のライブを観せられて、ただでさえ冷ややかになっていたのに、さらに後日談で出演者達がヒーローのようになっている茶番は、私に複雑な感情をもたらしました。

一部の生徒はパクリだと知っていたので、そういった会話はされてはいましたが、周りから見れば「ひがみ」「嫉妬」の会話にしか映りません。



しかし、



唯一、私が認めているのは、あの「パッとしない子」がライブに出演したことです。お笑いライブは日本のお笑い番組が好きな、男子生徒グループが企画したものでしたが、それとはまったく違うキャラクターの「パッとしない子」が出演を申し出たことには敬意を表します。

「パッとしない子」の出演者は複数いましたが、パクリの子もいれば、手品のようなことをやる子もいました。手品がパクリなのかは分かりませんが、まあまあ受けており、出演がキッカケで彼女ができたようです。



舞台裏が分かっている人間にとっては、非常につまらない内容のライブではありましたが、出演者達は、名声、人気、彼女、達成感など多くの貴重なものを得ています。

早い話、お笑いという資源が枯渇している環境に、日本製のパクリ商品を輸入して大儲けしたようなものです。パクリは良くないですが、学校の無料ライブでやることに違法性などありません。私のような元ネタが分かる人間は少数なので、無視しても問題はないでしょう。企画した生徒達は上手くやったと思います。



本日のブログで伝えたいことは、「芸は身を助く」ということです。

ちょっとしたキッカケで誰かが一夜にしてヒーロー・ヒロインになることがあるのがニューヨーク校です。何かのタレント(才能)を持っていれば、人気者になれるチャンスは大いにあります。

芸は、お笑いや手品だけでなく、スポーツや芸術、音楽、専門知識など、技能全般を指します。その自分が長けている技能を最大限発揮できる舞台を用意できれば、明日には人気者です。



もし、どうしてもタレント(才能)が何もないのなら、今から身に着けることもできます。私のお勧めはヨーヨーやジャグリングです。

実際、ニューヨーク校の文化祭期間中にヨーヨー中国ゴマパフォーマンスで、大喝采を受ける生徒が毎年いましたし、実は3,4週間練習すれば、基本的なトリックは一通りできちゃうんですよね。

リンク貼っておきますので、よければ参照してみてください (o^∇^o)ノ



ボールジャグリング入門



極めろ ジャグリング ボール 3個セット + 収納袋 4色 大/中/小 豪華4点セット K130 (中 (6.3cm))



ディアボロ 大道芸 カラー 中国コマ 独楽 4点セット 収納袋&取り換え用ヒモ付き ブルー




マジックワールド





にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E3%82%BF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88" /> -->