忍者ブログ

慶應ニューヨーク学院 卒業生のブログ

慶應ニューヨーク学院についての情報がネット上で少ないと感じ、本ブログを立ち上げました。間違った情報を是正し、美辞麗句なしの内容を心掛けています。

NY校のデメリット その3 同世代のアメリカ人と交流がない



久々の慶應ニューヨーク学院のデメリットシリーズ第三弾となります。


今回紹介するデメリットは、


同世代のアメリカ人との交流がない


という問題点になります。



これって、すごく根本的で重要な問題にもかかわらず、あまりフォーカスされていない点だと私は考えています。とはいっても、この問題は慶應ニューヨーク学院に限った問題ではなく、現地校のハイスクールに通う日本人にも当てはまります。

現地校でも同世代のアメリカ人の友達がほとんどいない日本人は意外と多いです。現地校に通っていたとしても同世代のアメリカ人と仲良くなれる日本人も多いですが、なれない日本人も多いのはなぜなのでしょうか?

多くの場合、ハイスクールの生徒達は人種別で固まることが多いです。部活などで一緒になるか、昔から友達でもない限り、ハイスクールから深い友人関係を築くのは難しいです。しかも、もし英語が苦手だとESL関連の履修科目が多くなるので、南米、欧州、アジアからの生徒達とは、仲良くなる機会が増えますが、ネイティブの子達とはそもそも同じ教室で授業を受ける機会が少ないので、ますます交流する時間が少なくなります。

アメリカ人と同じ現地校に通っている日本人でも上記のような状況なのに、ほぼ100%日本人に囲まれた環境に身を置く慶應ニューヨーク学院の生徒達は、3年間で交流できる回数は少ないです。

私自身の記憶を振り返って、同世代のアメリカ人と交流した経験を思い出してみたところ、

・スポーツの試合で対戦し、その後カフェテリアで一緒に食事した
・ボランティア活動で学外で一緒に募金活動に参加した
・文科系の部活で、アメリカ人の生徒が見学に来た
・文化祭のお客様として学校にアメリカ人が来た
・委員会の活動で他校を見学した
・模擬国連に参加した際に他校のアメリカ人と挨拶した


10分ほど考えましたが、以上になります。

全部合わせても、3年間で20日間程度の交流でしょうか?
比較的、多くの部活動や委員会に参加していた私でも、この程度の交流頻度なのです。
これで、どれだけバイカルチュラルに近づけるのか、ちょっと疑わしくなりませんか?

一応、NY学院の方でも対策として、地元住民との交流イベントを開催したり、交流イベント用の新しい建物を建築(建築中?)したらしいですが、私は効果は限定的だと考えています。なぜなら、仮に交流イベントを年3回増やしたとしても、結局3年間で9日しか交流日が増えない計算だからです。日常的に文化を学べる環境が根本解決には必要だと私は考えます。







同世代のアメリカ人と交流できないと、どんなデメリットがあるかについても考えてみました。

例えば
・同世代が夢中になっている、音楽、テレビ番組、YouTuber等をまったく知らない
・同世代がどれだけスマートフォンに依存しているかが分からない
・同世代が卒業後の進路や、恋愛関連の悩みについて、どんなことを考えているかが分からない。
・同世代のアメリカ人が放課後、どんなことをして遊んでいるのかが分からない
・同世代のアメリカ人の自宅での顔が分からない(学校での顔しか知らない)
・アメリカの学校では、男子はアメフト部、女子はチアリーディング部がスクールカーストでトップと良く言われるが、実際はどうなのかが分からない
・アメリカ人にとっての「ホームカミング」「プロム」といった行事がどんな位置づけなのかが分からない







この他、いくらでも思いつきますが、概ね文化的な面で遅れをとっている印象を持ちました。尚、私は「ホームカミング」の行事の存在を高校卒業後に初めて知りました。これでバイカルチュラル教育が充実していると言っていいのか、疑問が残ります。



PROM



話は飛躍しますが、仮に日本国内の隔離された空間に、アメリカ人の教員を集めれば慶應ニューヨーク学院に似たような学校が作れるような気もします。なぜなら、「その程度のバイカルチュラル教育でよければ、日本国内で真似して作れます」という考えが成り立ちそうに見えるからです。

真似できないものは「慶應義塾」という冠になりますが、それを言ってしまうと「慶應の冠しか独自性がありません」と解釈されかねません。

慶應義塾の卒業生として、母校が「バイカルチュラル教育」が十分に提供できていない現状を悲しく感じます。創立してから20年以上も経過しているのだから、箱ものに頼らない対策をお願いします。


ではでは
(* ̄▽ ̄)ノ~~ マタネー♪






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
PR
PR
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88/ny%E6%A0%A1%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%20%E3%81%9D%E3%81%AE3%E3%80%80%E5%90%8C%E4%B8%96%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E4%BA%BA%E3%81%A8%E3%81%AE%E4%BA%A4%E6%B5%81%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%84" /> -->

新入生の皆様へ




8月も終わりに近づき、慶應ニューヨーク学院では新学期の始まりが近づいています。


ちょうどこの時期はプリエントリーやアーリーリターンが始まる頃でしょうか?


私が現役生の頃は、夏休みの序盤からプリエントリーが始まり、期間も3週間程で現在よりも長かったのを覚えています。期間中は学則・寮則を学んだり、授業や学力判定テストを受けながら、サマーキャンプのような気分で楽しんでいました。

当時のことは以下の記事でまとめていますので、よければ参照ください。

プリエントリーの思い出 その1

プリエントリーの思い出 その2
アーリーリターン(Early Return)とシーズンスポーツ




本日の記事では、ニューヨーク校で3年(又は4年)を有意義に過ごすのに、役立つアドバイスを新入生に向けて致します。恐らく、プリエントリー中や、入学式などで様々なアドバイスを受けることになるので、私からはなるべく人がしなさそうな内容を考えてみました。

何かのお役に立てれば、嬉しいです。

その1 お金の貸し借りはしない

寮で生活していると小銭レベルのお金の貸し借りが多いです。寮内で財布を持ち歩かない生徒が多いので、ちょっと自販機で何か買いたい時に「お金を貸して」と要求をするケースが多いのです。

相手に悪意はないので、基本的にはお金は戻っては来ます。ただ、そのお金を回収するための催促は貴方がすることになることを忘れてはいけません。正直、めんどうです。

お金を貸した上に、それを回収するための手間まで負わなければならないのって変な話ですよね。しかもジュース程度の小銭で得られる感謝など、大したものでもありません。割に合わない要求をされていると理解するべきです。

想像してみてください。相手は普段、財布を持ち歩いていないので、わざわざ部屋までお金を回収にいかねばならず、しかも都合よく部屋にいるとも限らないのです。小銭を回収するために、こんな面倒を被るのは納得がいきません。しかも相手への催促を止めると、相手は借りていた事実を忘れるのでさらに面倒です。催促しすぎて「ケチ」とか「ウザイ」と思われる可能性もあります。

たちが悪いケースとしては、「この前の5ドル返して」と催促すると、「OOちゃんに5ドル貸しているから、OOちゃんからもらって」というケースです。

こういう提案には絶対に応じないでください。
お金の動きを把握できなくなり、回収が不可能になりやすくなります。

私がなぜお金のやりとりに注意喚起をするのか。それは、お金は人間関係を壊しやすいものだからです。たかが小銭でも、約束を破る行為に発展すると、友情を壊すキッカケになるのです。

ただでさえ盗難事件の多い寮生活なので、お金を扱う場面は極力少なくすることをお勧めいたします。危険に近づかなければ、危険に巻き込まれることも少なくなります。当たり前のことですよね?お金で尊敬や友情は買えませんが、お金が原因で尊敬も友情も無くせることを覚えておきましょう



その2 恥ずかしがらずに人に頼る

慶應ニューヨーク校での3年間(4年間)は、様々な悩み、葛藤、挫折、躊躇(ちゅうちょ)との闘いでもあります。誰しもが何かの壁にぶつかり、苦悩するでしょう。

悩みを1人で抱える人は多いですが、基本的に同級生や先輩、教師達は貴方の味方です。困った時は悩みを打ち明け、客観的なアドバイスをもらいましょう。

悩みの種類にもよりますが、恋愛系の悩みならばモテる友達に相談すれば有意義な情報がもらえたり、シチュエーションをセッティングしてもらえたり、良い噂を相手に届くように広めてくれる場合もあります。恋愛成就はチームプレイで成し遂げる方が簡単であることは、早いうちに知っておくべきでしょう。

不当な暴力や嫌がらせに関する悩みは、即刻しかるべき人間に相談しましょう。寮でのトラブルならフロアのスーパーバイザー(寮監)、学校ならカウンセラーや生活指導の先生が良いかもしれません。

自分が楽しく生活する権利、自分が勉強する権利などが侵害された場合、学校は全力で貴方を守ってくれることを保証します。その対応はビックリする程、迅速で的確な上、相手がどんな立場の人間の子供だろうと容赦はありません。絶対に頼るべきです。



簡単ではありますが、以上の2つが私からのアドバイスです。付け加えるとするならば部活には入っておいた方が、交友関係が広がるので入部することをお勧めします。これについては将来の記事で詳しく説明したいと考えています。


ではでは
ヾ(=・ω・=)o☆バイバイ☆ヾ(=・ω・=)o






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%A0%A1%E9%A2%A8%E3%83%BB%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E6%96%87%E5%8C%96/%E6%96%B0%E5%85%A5%E7%94%9F%E3%81%AE%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8" /> -->

生徒の学力検証シリーズ その2 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(後編)



前回の記事の続きです。

前回記事を未読の方は、
生徒の学力検証シリーズ1 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(前編)を参照ください。


さて、基礎学力(主に語学力)に長けているか否かで、必要な勉強時間に大きな差が生じることについて触れてきましたが、これに対してどのような対策が有効なのでしょうか?


結論から申し上げると、「周りの力を最大限に活用する」ことです。先生、友人、先輩、外部教師といった要素を有効に活かすことが重要になります。


本日の記事では、それぞれの活用例を紹介いたします。

先生を120%活用する

もし授業に付いていけなくなったと感じたら、その日の内に先生に相談に行ってください。そして正直に言うのです、「今日の授業のOOの部分がどうしても分からなくて、授業に付いて行けませんでした、お手数ですが放課後に改めて教えてもらえませんか?」と。

十中八九、断る先生はいません。

放課後に補習を受けても理解が追い付かないならば、「家で復習したいので問題集か何かありませんか?」と質問すればいいでしょう。

それを提出する際に、さらに質問することもできます。意外と試験に出る問題に近い例題を出されることが多いのでかなりお薦めです。



複数の科目で、こういった対策をしていると職員室での評判も間違いなく上がります。なんだかんだで、真面目な生徒は先生から信用されますので、困った際にはより親身に協力的になってくれます。

さらに付け加えるなら、同級生からの評価も上がると私は考えています。生徒はお互いの成績がどの程度かは大体把握していますので、勉強が苦手で困っている生徒も分かります。そんな生徒が自分の意志で、先生に補習を志願する姿を笑う人は少なく、尊敬する人は多いでしょう。


友人・先輩を頼る

慶應ニューヨーク学院の大きな特徴の1つは、大部分の生徒が寮で共同生活をしていることです。つまり夜の時間帯だろうが、頭の良い同級生に勉強で分からない点を相談に行けるのです。

別に特別仲が良くなくても、「どうしても分からないから教えて」とお願いをすれば、教えてくれる同級生は多いので、遠慮なく聞いちゃいましょう!


間違っても、一人で全ての勉強をやろうとしないでください。
時間がいくらあっても足りませんし、体力がもちません。


一匹狼のような気質の方は、学校の授業よりも先に「要領」というものを学んだ方がいいかもしれません。

慶應義塾にはこんな名言(迷言?)があります。
『塾校生は要領で生きている』

慶應義塾大学に進学するとよくわかりますが、内部生(特に塾校出身者)は非常に効率よく勉強や試験対策をしているのが分かります。詳しい説明は省きますが、人脈を使うことに非常に長けていて、必要に応じて誰に相談を持ち掛けるべきかを熟知している印象を持ちます。結果、試験の過去問題集やノートを効率良く手に入れたりします。こういった能力は就職活動や、社会人になってからも発揮されます。

なので、慶応ニューヨークでも、変なプライドや恥ずかしさを理由に、誰かに相談することを躊躇しないでください。

幸いなことに、現在は苦手な科目に対して、先輩が家庭教師のようなサポートをしてくれる制度がありますので、これを利用するのもいいかもしれませんね。


外部教師を利用する

どうしても成績が上がらない場合は、外部から家庭教師(tutor) を雇うという選択肢があります。利用する生徒は少ないですが、どうしても自発的に勉強できない生徒に対しては有効な手段です。

PA(Parents Association)に相談すれば、実績のある家庭教師を紹介できる人もいるでしょうので、探してみるのもいいかもしれません。


======


以上、3つの成績向上対策を紹介しましたが、当然どれも「勉強する必要」があります。やる気・行動力がないと、勉強を自分からはできません。結局は留年という「危機感」が動機になって、やっと勉強し始める生徒が、成績が悪い生徒には多いです。

こういった生徒が行きつくマインドは「留年さえしなければ、成績はなんだっていい」です。これって悲しいですよね。。。

そんな子供に育ってほしい両親はいないでしょうし、親としては子供を自慢したいものですが、少なくとも成績面ではそれは叶いません、、、親も人間ですので「何をやっているんだ内の子は、、、、」と内心感じていたり、愚痴を言いたくなることも当然あるでしょう。

勉強だけが高校生活ではありませんが、ギリギリの成績だけを狙うというのは「学ぶチャンスの放棄」とも取れる行動です。アメリカ現地でしか学べないことが多いのは言うまでもないことですので、親子でよくよく話し合いをする時間を設けて、子供が自発的に勉強できるように導いてあげることが両親ができる最も大切なことだと私は考えています。


ではでは
マタネッ(^ー^)ノ~~Bye-Bye!








にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E7%94%9F%E5%BE%92%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E6%A4%9C%E8%A8%BC%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%20%E3%81%9D%E3%81%AE2%E3%80%80%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%94%9F%E3%81%AE" /> -->

生徒の学力検証シリーズ その1 慶應ニューヨーク生の学力差が激しい理由(前編)





Google 等の検索エンジンで「慶應ニューヨーク」と入力すると、関連ワードで

「バカ」
「金持ち」

といった単語が表示されることは有名ですが、実際の学力はどの程度なのかをシリーズで考えたいと思います。記念すべき1回目は、「同じNY学院の生徒なのに、学力差が激しい理由」を考察します。




NY学院でトップ水準の学力を持つ生徒の多くは、
・英語と日本語どちらも(アメリカ人・日本人両方の)年齢相応以上に読み書きができる
・第2外国語を現地校で数年間履修済、または第2外国語を扱う言語圏に住んでいた

といった特徴があります。(メンタル面の特性は別の機会に紹介します)



逆に成績が悪い生徒は、
・日本語能力が同世代よりも低く、英語はESL(English as a second Language)の履修が必要。

という特徴があります。



逆のパターンで英語が出来て日本語がまったく出来ない生徒もいますが、授業の7割は英語で行われるため、英語力だけで成績はある程度とれます。結局、英語が一定レベル以上ならば、留年するほど成績が悪くなることは滅多にありません。

国語が得意、数学が苦手とか、そういった段階の話ではないんですね。結局は英語で行われる授業と、日本語で行われる授業をリアルタイムで理解できるかが、高い成績を残すために求められる基礎要件になるのです。

私個人の話になりますが、私の日本語力は人並み(ただし漢字は苦手)で、英語力は中の下でした。自分で言うのはなんですが、授業態度や試験対策は真面目に取り組んでいました。しかしそれでも最終的な成績は(甘く自己採点して)中の中 程度です。

私が在学中に「なぜ他の同級生はほとんど勉強していないのに、あんなに良い成績がとれるのか?」という疑問を抱いたことがあります。


成績の良い友人達に正直にこの疑問を訪ねたところ、大きく分けて3パターンの答が返ってきました。

1.現地校で、すでに習った内容だから楽
2.入学前に、塾ですでに習った内容だから楽
3.そもそも、授業を聞いていたら分かる内容でしょ  ( ̄□ ̄;)!!


私はショックを受けました orz

1の「現地校で、すでに習った内容だから楽」について

英語の授業で扱われる教材図書は、すでに現地校の授業で読んだことがあるという生徒は成績上位者には多かったです。現地校でESLを卒業し、ネイティブの学生達と同じ授業を履修し、教材図書のほとんどは、授業で勉強済なのです。

そのため感想文などもスラスラと書けるし、比喩的な表現についても過去に学習しているので、理解するのに辞書をひいたり、先生に質問する必要もなくなります。生徒によっては、現地校で提出した作文をそのまま提出する子もいました。

第2外国語に至っては、現地校で数年間スペイン語やフランス語を履修しているので、他の生徒よりも優位になります。スペイン語圏で生活していた生徒などは、当然スペイン語がペラペラなので、何も勉強せずにA評価を得たりします。「すでに喋れるんなら、他の外国語を履修しろよ」と内心私は思っていました。生徒によってはスペイン語を3年ほど勉強しているのに、わざと Elementary レベル(初級者用のクラス)の外国語のクラスを履修することで、楽をしていた子もいました。


当然ながら、上記のような優位性を持たない生徒は、普段の勉強に求められる時間が大きく増えます。

2の「入学前に、塾ですでに習った内容だから楽」について

日本語で行われる授業(国語、古文、日本史など)は、NY校の授業の3割程度です。これらの授業で圧倒的な高成績を残す生徒は、入学前に塾で日本での高校受験対策をしてきた生徒達です。慶應ニューヨークに入学する道と、帰国子女枠で日本の高校に進学する道、これら2つの対策をしている海外在住の子女は多いです。

塾に通っていれば、全員が高成績という訳ではありませんが、塾で上位成績者だった子はNY校でも上位の成績を取ることがやはり多いです。

私も塾に通っていましたが、成績は並レベル。NY校でも並レベルの成績でした。

3の「そもそも、授業を聞いていたら分かる内容でしょ」について。

私は英語が苦手だったため、授業内容を理解するのに辞書が常に必要でした。言葉のニュアンスを理解するのに苦労も多かったです。そのため英語がペラペラな生徒は瞬時に理解できる内容でも、私にとっては1手間、2手間かかってしまいます。

特に苦労したのは、世界史やアメリカの公民、生物、物理など、成績によるレベル分けがない科目です。数学は得意だったので、フィーリングで理解できましたが、未知の単語のオンパレードの授業は教科書を翻訳するところから始まるのです。







1から3で共通することは、語学力がないと時間が足りなくなる、ということです。結果として、遊んでいる人よりも勉強しているのに、自分の方が成績が低いという「悔しい想い」をする生徒も少なくありません。



NY校では、毎週何かしらの科目で小テストがありす。授業の進捗に遅れると、その科目のリカバーをしながら目の前のテスト対策も必要となります。もちろん、通常授業の勉強や部活動も同時進行です。まともにやっても、時間は足りないことは目に見えていますね、、、



部活動との両立をはかる勉強法―短時間成績向上の方策


成績上位者の持つ全てのアドバンテージは、その生徒が入学前に身につけた実力なのだから、卑怯でもなんでもありません。学校にとっても基礎学力の高い生徒は多くて困ることはありません。今回の記事でご理解いただきたかったのは、「入学時点で基礎学力の差が激しい」という事実です。


後編の記事では、アドバンテージを持たない生徒が、どうすれば効率よく成績を上げられるかについて触れます。


ではでは

(⌒∇⌒)ノ""マタネー!!






にほんブログ村 高校生日記ブログ 海外在住高校生へ
" dc:identifier="http://newyork.ko-me.com/%E6%8E%88%E6%A5%AD%E3%83%BB%E6%88%90%E7%B8%BE/%E6%85%B6%E6%87%89%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%AF%E7%94%9F%E3%81%AE%E5%AD%A6%E5%8A%9B%E5%B7%AE%E3%81%8C%E6%BF%80%E3%81%97%E3%81%84%E7%90%86%E7%94%B1%EF%BC%88%E5%89%8D%E7%B7%A8%EF%BC%89" /> -->